• HOME
  • 解決事例
  • 自分で示談交渉をしたら、恐喝とされた事件

自分で示談交渉をしたら、恐喝とされた事件

当初は被害者だった

職場の飲み会でけんかとなり、一方的に殴られてけがを負わされた事案でした。
そこで、相手と自分で示談を行い、相当高額の慰謝料を請求し、相手方もそれを支払う旨合意がなされました。
しかし、その交渉の際にかなり脅すような言動が認められました。
そこで相手方が弁護士をとおして、恐喝されてお金を払わされたということで、恐喝罪で告訴するといってきました。
 

事件の内容の確認

本件についての依頼を受け、相手方弁護士との交渉を行うことになりました。
相手方にも、当方にけがをさせたという問題点はあります。
しかし、そのときに診断書などの十分な証拠化はなされていませんでした。
一方、恐喝については、相手方弁護士により、かなりの証拠化がなされていました。
そういう中、正面から戦うことは困難であると判断し、一定の金額を返還して、本件を終わらせることにしました。
 

事件の総括

示談を行うに当たり、弁護士を入れないで自分で行うことは、必ずしも悪いことではありません。
しかし、注意しないと示談でお金を取る行為が、あとから恐喝とされる可能性は残っています。
賠償金の相場や、支払いの根拠など、少なくとも専門家に確認するくらいの注意は望まれます。
 

恐喝の解決事例

否認しながら被害弁償も行い不起訴となった事例

自分で示談交渉をしたら、恐喝とされた事件


telfree.png当事務所では来所いただく前に電話相談を無料で受け付けています。気になることがある方はお気軽にご相談ください。
なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。
 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。
サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
こちらからメールしてください。
 

当事務所が解決した事件の一部を掲載しました。

解決事例

痴漢

盗撮

強制わいせつ

児童買春

児童ポルノ

強姦

窃盗・クレプトマニア

傷害

少年事件

大麻

住居侵入

交通事故

器物損壊

殺人未遂

強盗致傷

裁判員裁判

詐欺

横領

淫行

恐喝

公然わいせつ

道路交通法違反

     

 

刑事事件は経験豊富な横浜パートナー法律事務所の弁護士に。

 

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科を付けたくない
  • 釈放・保釈して欲しい
  • 執行猶予をつけて欲しい
  • 無実を証明したい
  • 会社をクビにされたくない職場・学校に知られたくない
  • テレビや新聞などに報道されたくない
  • 医師など資格保有者の方、公務員の方へ
  • 依頼されたお客様の感謝の声
  • 当事務所の解決事例
  • 刑事事件の弁護士の選び方
  • 当事務所の弁護活動方針

刑事事件別一覧

弁護士法人 横浜パートナー法律事務所について

弁護士紹介

 

弁護士の役割

 

弁護士費用

解決事例

 

相談から解決までの流れ

 

事務所所在地

 

ImgTop11.jpg
当事務所では来所いただく前に電話相談を無料で受け付けています。気になることがある方はお気軽にご相談ください。
なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

365日24時間受付 0120-0572-05
 
当事務所の解決事例

ImgLS3.jpg

メディア掲載実績
【横パLO】遠方バナー案.png
【横パLO】外国人バナー案4.png
被害者バナー3.png

刑事事件別一覧

刑事弁護について

事務所紹介

横浜弁護士会所属 弁護士法人 横浜パートナー法律事務所
アクセスはこちら
Access Map
対応エリア