telfree.png

当事務所の弁護士費用は着手金、報酬金のみです。 実費や日当、その他費用の追加請求はいたしません。お支払いただくのは、案件をお受けする際に着手金を、解決後に報酬金の2点のみとなっています。例)初犯の、痴漢(迷惑防止条例違反)・盗撮・窃盗・暴行事件の場合 着手金20万円、報酬金50万円のみ。(消費税および実費込) また、罰金になった場合は報酬金はいただいておりません

刑事弁護の弁護士費用の見方についてはこちら
当事務所の弁護士費用はこちら

 

新着ページ

 6/21 【解決実績】尿から覚せい剤が出た執行猶予中の被疑者が不起訴になった事件
 6/21 【解決実績】酔った上での傷害事件で、身柄解放・不起訴に成功した事案
 6/15 【解説】「児童ポルノをしてしまった。逮捕されるかもしれない。」
  6/1   児童買春をしてしまい、自首を考えている方へ
 

横浜パートナー法律事務所の事件処理方針

当事務所では、弁護士が直接、親身に対応いたします!

「弁護士に依頼したのに、いつも事務員としか話ができない。」
「事務所に電話しても、いつも留守だと言われて、弁護士と連絡が取れない。」
「弁護士から、責任ある報告が聞きたいのに、弁護士から何も報告がない。」
「家族は依頼者ではない、と言って取り合ってくれない」
「任せておけというばかりで、弁護活動の意味を教えてくれない」
 
弁護士に対するこのような不満を、多くのお客様から伺ってきました。
これは、弁護士になる前、企業の法務部にいたときに、私自身が感じていた不満でもあります。
 
これには、弁護士側も言い分があるのでしょう。
多くの案件を、効率的に進めるためには、事務員(スタッフ)を活用することが不可欠でしょう。
弁護士がお客様対応を全てやっていたら、肝心の法律業務がおろそかになる、という考えも一理あります。
 
ただ、お客様対応を弁護士がやらない、というやり方は、弁護士を信頼し、弁護士になんとかしてもらいたいと考えている、多くのお客様の期待を裏切ることになるのでは、と思います。
ほとんどの方にとって、一生に一度しかないような法律問題。
それを解決する「パートナー」である弁護士には、しっかりと自分の方を見て、向かい合って欲しい、と考えているはずです。
 
当事務所では、そのようなお客様の「パートナー」になるために、弁護士が直接、親身に対応することを、お約束します。
 
1.連絡があれば、その日のうちに、必ず回答します。
2.電話・面接・メールなど、全ての相談に対して、弁護士が直接回答します。
3.全ての案件について、弁護士が直接担当します。事務員への丸投げなど、一切行いません
4.ご依頼いただいてからは、弁護士から直接、ほぼ毎日、ご報告します。
 
横浜パートナー法律事務所は、全ての弁護士が、お客様の「パートナー」です。

代表弁護士 大山滋郎

 
刑事事件は経験豊富な横浜パートナー法律事務所の弁護士に。

 

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科を付けたくない
  • 釈放・保釈して欲しい
  • 執行猶予をつけて欲しい
  • 無実を証明したい
  • 会社をクビにされたくない職場・学校に知られたくない
  • テレビや新聞などに報道されたくない
  • 医師など資格保有者の方、公務員の方へ

刑事事件別一覧

  • 依頼されたお客様の感謝の声
  • 当事務所の解決事例
  • 刑事事件の弁護士の選び方
  • 当事務所の弁護活動方針

横浜パートナー法律事務所の刑事相談の特徴


   IMG_7253.JPGのサムネール画像
 

当事務所の刑事相談には、3つの特徴があります。

1、豊富な実績に裏打ちされた、適切な弁護方針

この世で全く同じ事件はなく、同じような犯罪であったとしても、弁護活動のポイントは違ってきますその事件に即した適切な弁護方針を組み立てることは、なによりも重要です。

当事務所には、神奈川・東京エリア密着の事務所として、年間200件以上の刑事相談と、約100件の事件受任という圧倒的な実績があり、その経験を元に、最も適切な弁護方針を組み立てることができます。
これが、当事務所の1つ目の特徴です。

2、迅速な対応

刑事事件は、一度手続が進んでしまうと、取り返しがつかなくなってしまう、始めから対応しておけば状況が変わった、ということがよくあります。
「逮捕されてしまったが、どうすればいいか」
「無理な取調べで、調書に署名してしまったが何とかならないか」
「被害者がとても怒っているが、示談できないか」
逮捕される前に自首したり、弁護士が取調べに同行し、身元を保証していたら、逮捕されなかったかもしれません。
取調べ前に、弁護士からアドバイスを受けていたり、取調べ中に連絡できる弁護士がいれば、無理な取調べはなかったかもしれません。
事件の直後にお詫びすれば、被害者の怒りも強くならなかったかもしれません。
当事務所は、相談の連絡を受ければ、早ければその日の内に、事務所に相談に来ていただき(時には夜遅くでも)、迅速に対応をいたします。これが、当事務所の2つ目の特徴です。

 

3、親身な対応

普通の人にとって、刑事事件というのは、テレビの中の世界です。警察から呼び出しを受けたり、家族が逮捕されたりすれば、不安でたまらず、まともに生活できなくなってしまいます。
「先生方に相談してから、初めて空腹を覚え、食べ、眠ることができました。先生方に大きく守られていると感じています。」これは実際の依頼者の言葉です。
どうしてその事件が起こってしまったのか、時には家庭環境などについても相談を受け、刑事手続だけでなく、共に考え、共に悩み、懇意にしているメンタルクリニックを紹介するなどして、その後の更正までも視野に、親身になって対応します。これが、当事務所の3つ目の特徴です。
 
刑事事件でお悩みの方は、お気軽に横浜パートナー法律事務所までご相談下さい。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

bana-.jpg

逮捕勾留されている方のご家族からの電話相談、事務所での相談は無料です。

当事務所では来所いただく前に電話相談を無料で受け付けています。気になることがある方はお気軽にご相談ください。なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。
 

児童買春の自首同行について

罰金前科がついた場合の不都合

当事務所では、逮捕を未然に防ぎながら、事件化後の弁護を適切かつ迅速に行うことによって、少しでも軽い処分をを目指すため、弁護士と一緒に「自首」をすることをお勧めします。

»詳しくはこちら

  罰金前科がつくと下記のような不都合があります。

  1.就労について
  2.資格取得
  3.海外渡航
  4.選挙
  5.刑事処分

お客様の声 (お客様の同意をいただいて掲載しております)

被疑者本人

事件直後、弁護活動をお願い申し上げ、何もわからない、不安だらけの私どものことを励まし、的確なご対応により、「不起訴」を獲得していただきましたことに、改めまして心から感謝申し上げます。
警察対応、相手方代理人弁護士対応、検察対応と難しい交渉にもかかわらず、ご尽力をいただき、本当に御世話になりました。

 

先生方に賜りました暖かい励まし、時には叱咤激励を忘れることなく、しっかりと生きていくことをお誓い申し上げます。

 

被疑者の妻

大山先生
 
この度は本当にどうもありがとうございました。
なんと御礼を申し上げていいのか…感謝の気持ちでいっぱいでございます。
 
まさか自分自身にこの様な事が降りかかるとは思いもよらず、何もかもわからないままネットをさまよい続け…気がつけばいつも先生のHPに行き着いておりました。
頭が混乱していて寄り道をしてしまいましたが、やはり先生にお願いしたい、お任せしたいという気持ちを受け入れて下さり本当に有難かったです。
お願いしてからはお任せした安心感もあり私の心もかなり落ち着きを取り戻し今に至っております。
 
夫がしてしまった事件は人として許されない行為でありますが、不起訴にしていただいた事、被害者様、大山先生、担当検察官に感謝し、2度と同じ過ちを繰り返さない様に私がお約束をした事は必ず一生かけて守って参ります。カウンセリングも一生行かせます。
 
先生のお陰で、これからの人生において本人も家族も救われました。
このご恩は一生忘れません。
本当にどうもありがとうございました。
 
まだまだ寒い日が続きますが、益々のご活躍をお祈りしております。
 

被疑者の母 (迷惑行為 不起訴)

石崎先生
 
この度は無理なお願いして助けていただきまして本当に感謝しております。
 
本来なら有罪となり、この先一生その罪を背負って生きてゆかねばならなかったのだということはよく理解しておりますが、子供かわいさに無理を通していただきました。
許してくださった被害者様や、助けてくださった先生のご恩を決して無駄にしないよう息子を厳しく見守り続けることをお約束します。
 
弁護士に知り合いがなく、どこを訪ねてよいかもわからず、何軒かお電話で問合せてもお願いしようと思える所がなかった時に、最初の問合せで電話口に出てお話を聞いていただけたのは先生が初めてでした。
この先生しか頼める方はいないと直感した通り、厳しい局面でも諦めることなく今回の結果を出していただき、先生にお願いして本当によかったです。
 
本当にありがとうございました。

 

365日24時間受付 0120-0572-05

逮捕勾留されている方のご家族からの電話相談、事務所での相談は無料です。

当事務所では来所いただく前に電話相談を無料で受け付けています。気になることがある方はお気軽にご相談ください。なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。
 

当事務所に多数の問い合わせを頂いております。(2014年10月7日)

服を着た女性を撮影するだけで逮捕される!?
 
8月28日に神奈川市の職員が東急田園都市線の車内で隣に座っていた女子大生(21)の全身を小型カメラで動画撮影したとして、現行犯逮捕された事件が発生してから、「服を着ている写真を撮っただけで逮捕されるのか」「街中で撮影して、たまたま写真に写った場合はどうなるのか」と当事務所にこの事件に関連する質問が多数寄せられています。
 

弁護士ドットコムに記事が掲載されました。(2014年5月12日)

代表弁護士 大山が弁護士ドットコムに取材を受けました。

ショッピング施設のトイレで「スマホ充電」 勝手にコンセントを使ったら「窃盗罪」?

>>詳しくはこちら

  kiji.PNG

 

365日24時間受付 0120-0572-05

逮捕勾留されている方のご家族からの電話相談、事務所での相談は無料です。

当事務所では来所いただく前に電話相談を無料で受け付けています。気になることがある方はお気軽にご相談ください。なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。
 

刑事事件で逮捕・起訴され、弁護士をお探しの方へ



 当事務所の事件処理方針

刑事事件を起こしてしまい、警察から取り調べを受けている。すぐにでも被害者に会って、示談をしたいと思うはずです。ところが、加害者本人には連絡先を教えない被害者が多いです。こんなとき、弁護士であれば、被害者の連絡先を教えてもらい、本人に代わり示談交渉を行うことができます。

家族が逮捕されたと突然警察から連絡があった。まず、何はともあれ、逮捕された家族に会って、直接話を聞きたいと思うはずです。ところが、例え家族であっても、逮捕されている人に会うことを認めてもらえない場合があります。んなとき、弁護士であれば、逮捕された人に会って、本人から直接聞いたお話をご家族の皆さんにお伝えすることができます。

今のは、ほんの一例ですが、このように刑事事件では、弁護士の役割は重要です。今、このページを読んでいるのは、事件を起こしたことで警察から取り調べを受けたり、ご家族が逮捕されたり、自分自身が起訴されて刑事事件で裁判を受けることになったため、一刻も早く、刑事事件の弁護を依頼したいと考えている方のはずです。
でも、少しだけ待ってください。弁護士を選ぶ上で最低限必要なポイントを知らずに刑事事件の弁護を依頼することなど、出来ないのです。

刑事事件の弁護士を選ぶ上での4つのポイント

そこで、次の4つのポイントはしっかり押さえてください。

(1) 刑事事件の裁判の流れを理解する

まず、1番目のポイントは、刑事事件の裁判の大まかな流れを理解するという点です。 逮捕・勾留されたらどうなるのか、起訴された後、どのように刑事事件の裁判は進んで行くのか、判決はいつ出るのか、といったことを理解しておかないと、そもそも、今何が起こっているのか分からないことになります。詳しくは、「刑事事件の裁判の流れ」をご覧ください。


 


IMG_7097.JPG

(2) 弁護士の役割を理解する

次に、2番目のポイントは、刑事事件の裁判の流れの中で、弁護士がどのような役割を果たすのかを理解するという点です。これを理解しておかないと、そもそも、なぜ、刑事事件の裁判において刑事弁護を依頼する必要があるのか、分からないことになります。詳しくは、「弁護士の役割」をご覧ください。

(3) 良い弁護士とは何かを理解する

そして、3番目のポイントは、良い弁護士とは何か、を理解するという点です。 確かに、何をもって良いといえるのかは、なかなか簡単には決められない面があります。しかし、こういう刑事事件の弁護の仕方は問題だというポイントは、はっきりと言うことができます。 詳しくは、「良い弁護士とは」をご覧ください。

(4) 弁護士費用を理解する

最後に、4番目のポイントは、弁護士費用の仕組みと相場を理解するという点です。費用がどのような仕組みで計算されるのか、相場はあるのかなど、ほとんど知られていません。しかし、刑事弁護を依頼するにあたり、費用がいくらになるかは、知らずに済ませられないポイントです。 詳しくは、「弁護士費用」をご覧ください。
以上、4つのポイントをしっかり理解して初めて、あなたにふさわしい弁護士を選ぶことができるはずです。

以上の4つのポイントはご理解いただけたと思いますが、やはり、なんといっても、弁護士を選ぶのに一番大切な条件は、うまく一緒にやっていけるか、信頼して何でも相談できるか、という点だと思います。 横浜パートナー法律事務所には、大勢のお客様の感謝の声が寄せられています。 あなたと同じ立場の人たちの声です。きっと参考になると思います。 横浜パートナー法律事務所は、刑事事件の弁護専門の事務所として、豊富な実績があります。 当事務所にご依頼をいただいた場合の弁護活動の内容は、「当事務所の弁護活動」をご覧ください。当事務所の弁護士については「弁護士紹介」を、当事務所の所在地については「事務所所在地」をご覧ください。

当事務所では、皆様に安心してご依頼いただけるよう、適正な弁護士費用を設定しています。ぜひ、他の刑事事件を専門とする事務所の費用と比べてみてください。

bana-.jpg

逮捕勾留されている方のご家族からの電話相談、事務所での相談は無料です。

当事務所では来所いただく前に電話相談を無料で受け付けています。気になることがある方はお気軽にご相談ください。なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。
 

当事務所が解決した事件の一部を掲載しました。
解決事例

痴漢

盗撮

強制わいせつ

児童買春

淫行

強姦

窃盗・クレプトマニア

傷害

少年事件

大麻

住居侵入

交通事故

器物損壊

殺人未遂

強盗致傷

裁判員裁判

詐欺

横領

児童ポルノ

恐喝

公然わいせつ

道路交通法違反