• HOME
  • 解決事例
  • 勾留までいった窃盗が1月足らずで不起訴になった事例

勾留までいった窃盗が1月足らずで不起訴になった事例

解決までの期間:約20日
最終処分:不起訴
依頼者:父親

 万引きで勾留?

御父様から御子息の窃盗について相談がありました。
御子息が別の都道府県に遊びに行ったところ、そこで万引きをして捕まってしまったということでした。
これだけでれば、珍しくないことですし、反省をしたことを丁寧に表せれば、不起訴になるような事案です。
 
ただただ、よく話を聞いてみると、御子息は、勾留中であるとのこと。万引きで勾留までいくのは、稀な事案なので、詳しい事情を聞き取ってみました、すると、御子息は、万引きがバレた際に、店員さんに怪我をさせて、逃亡を図ろうとしたということでした。
 
万引きでも、逃げようとした上で、店員さんに抵抗したならば、強盗罪になり得ますし、店員さんに怪我を負わせていたのであれば、尚更です。
更に話を聞くと、御子息は格闘技経験もあるとのことでした。
本来であれば穏当なところに落ち着く案件であるが、楽観視できない可能性もあることを御父様に伝えて、事件を受任し、早速、御子息へ接見に行きました。
 

身柄解放への活動

事件の依頼を受けたのが金曜日であり、その日の夜に早速、御子息に接見しました。
話を聞いてる限り、怪我をさせた店員さんは、口を切ったということであり、そこまでは重症でない様子でした。
一方、被疑者国選弁護人は、まだ、身柄解放へ向けての活動はとっていない様子でした。
そこで、私共は、御子息に手続を説明した上、準抗告という勾留を解く手続を取ることにしました
 
週明けできる限り早く、御子息の身柄を解放させるために、土曜日日曜日に準抗告の申立てをしました。恋人と同居し、定職あることから、逃亡や証拠隠滅のおそれがないことを丁寧に説明する書面を作成しました。
本件では、記録の確認などもあり、月曜日以降に判断がくだされるということになりましたが、月曜の朝早く、裁判官から、連絡がありました。
検察官が、月曜日中に御子息を釈放するので、私共も、準抗告の申立てを取り下げて欲しいということでした。
 
裁判官としても、準抗告の判断を出すのは、手間で心理的な障害もあるだろうから、このような手配になったのだと推測されます。私共にとっても、御子息が早期に解放されるので、願ってもないことでした。
そして、実際に、この日の午後には、御子息は、身柄を解放されました。
 

年度末だから迅速な処分

本件は、当然のことではありますが、万引きされた店の店長は、怒っており、示談はできませんでした。
その一方で、御父様が被害品を買い取り、被害弁償はすませている事案です。
 
身柄解放後、検察官と今後の方針について話し合ったのですが、勾留されていたにもかかわらず、上記の事項を考慮して、不起訴にする予定であるということでした。
しかも、この事案は3月中の出来事であり、警察検察ともに年度末の案件でした。このような場合、検察官としても、早期に不起訴にするということがあり得ました。
実際にも、年度末の3月31日その日に、御子息の不起訴が決まりました

 


窃盗の解決事例

①執行猶予中にも拘らず罰金刑で済んだ、異例の万引き事件

②執行猶予中の再犯であったが、再度の執行猶予となった事件(クレプトマニアの解決事例)

③勾留までいった窃盗が1月足らずで不起訴になった事例

④クレプトマニアの無賃乗車(クレプトマニアの解決事例)

⑤エノキダケが光って見えた(クレプトマニアの解決事例)

⑥路上で急にひったくり(クレプトマニアの解決事例)

⑦2回目の依頼(クレプトマニアの解決事例)

⑧小田原で起きた下着窃盗事件

⑨執行猶予明けの窃盗事件

⑩万引きをして店員に怪我をさせた事例

⑪住居侵入窃盗が不起訴となった事例

⑫自動車窃盗の自首事件


telfree.png当事務所では来所いただく前に電話相談を無料で受け付けています。気になることがある方はお気軽にご相談ください。
なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。
 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。
サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
こちらからメールしてください。
 

当事務所が解決した事件の一部を掲載しました。

解決事例

痴漢

盗撮

強制わいせつ

児童買春

児童ポルノ

強姦

窃盗・クレプトマニア

傷害

少年事件

大麻

住居侵入

交通事故

器物損壊

殺人未遂

強盗致傷

裁判員裁判

詐欺

横領

淫行

恐喝

公然わいせつ

道路交通法違反

     

 

刑事事件は経験豊富な横浜パートナー法律事務所の弁護士に。

 

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科を付けたくない
  • 釈放・保釈して欲しい
  • 執行猶予をつけて欲しい
  • 無実を証明したい
  • 会社をクビにされたくない職場・学校に知られたくない
  • テレビや新聞などに報道されたくない
  • 医師など資格保有者の方、公務員の方へ
  • 依頼されたお客様の感謝の声
  • 当事務所の解決事例
  • 刑事事件の弁護士の選び方
  • 当事務所の弁護活動方針

刑事事件別一覧

弁護士法人 横浜パートナー法律事務所について

弁護士紹介

 

弁護士の役割

 

弁護士費用

解決事例

 

相談から解決までの流れ

 

事務所所在地

 

ImgTop11.jpg
当事務所では来所いただく前に電話相談を無料で受け付けています。気になることがある方はお気軽にご相談ください。
なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

365日24時間受付 0120-0572-05
 
当事務所の解決事例

ImgLS3.jpg

メディア掲載実績
【横パLO】遠方バナー案.png
【横パLO】外国人バナー案4.png
被害者バナー3.png

刑事事件別一覧

刑事弁護について

事務所紹介

横浜弁護士会所属 弁護士法人 横浜パートナー法律事務所
アクセスはこちら
Access Map
対応エリア