• HOME
  • 解決事例
  • ギリギリで実刑を回避して執行猶予になった、強制わいせつ事件:強制わいせつ解決事例2

ギリギリで実刑を回避して執行猶予になった、強制わいせつ事件

解決までの期間:2ヶ月
最終処分:執行猶予
依頼者:父親
 

重大な強制わいせつ事件

その事件は、夜道を帰宅途中の女性を付け狙い、家に入る直前に襲いかかるという、重大な事件でした。ここ最近、急激に性犯罪の厳罰化が進んでいます。被害者と示談が出来なかったり、お詫びのお金も受け取ってもらえないと、いきなり実刑判決になってもおかしくありません。逮捕されたご本人のお父様から依頼を受けた時点で、全力で弁護活動をしなければ大変なことになる、と気を引き締めました。
 

難航する示談交渉

早速、検事と面談をして、弁護人がお詫びをしたいので連絡を取らせてもらえないか、被害者に意思確認をするよう要請しました。その際に、検事に対しては、既にご本人やご家族には謝罪文を作成してもらっていること、被害弁償金も用意していること、ご本人が事件現場に近づかないことを誓約していることなど、少しでも被害者に誠意が伝わるように、当方の取り組みをきちんと伝えました。当方の誠意を理解した検事は、直ちに被害者に意思確認をすることを、約束してくれました。しかし、検事が被害者に連絡を取ったところ、被害者の処罰感情は非常に厳しく、弁護人から連絡を取ることさえも、拒否されてしまいました。その後、もう一度検事から連絡を取ってもらいましたが、結局被害者の意志は変わらなかったため、検事は、その事件を起訴しました
 

起訴後も粘り強く交渉

しかし、当方は、起訴されても諦めませんでした。起訴後、裁判までは、1ヶ月ほど期間があります。そこで、裁判の直前、つまり最後に断られてから1ヶ月弱経った時点で、再度検事を通じて、被害者に意思確認をしてもらいました。その際に、検事に対しては、当方は示談までは望んではいないこと、お詫びのお金だけでも受け取っていただきたいので、振込先の口座さえ教えていただきたいということを、被害者に伝えるよう要請しました。というのは、これまでの経験上、この事件の内容であれは、示談までできなくても、お詫びのお金さえ受け取ってもらえれば、執行猶予判決になる可能性が高いこと、そして、前回の連絡から1ヶ月弱が経っているので、被害者の処罰感情も落ち着いていることが、予想されたからです。そして、検事が被害者に連絡を取ると、被害者も、お詫びのお金だけ受け取るのであれば構わない、ということで、振込先の口座を教えてくれました。
 

ギリギリの執行猶予

当方は、裁判で、被害者にお詫びのお金をお支払いしていること、ご本人や家族が深く反省していること、今後ご本人は実家に帰り、ご家族の監督を受けることなどから、本件は執行猶予が妥当であると、主張をしました。その結果、裁判所は、執行猶予の判決を下しました。その判決の中で、裁判官は、被害者にお詫びのお金が支払われたことを重視して、何とか執行猶予で終わらせたということを、明らかにしました。まさに、ギリギリの執行猶予でした。
 

お父様からの言葉

判決の後、お父様から頂いた言葉は、今でも胸に残っています。「執行猶予判決で本当に良かったです。でも、実は昨晩、家族と、「もし実刑判決になっても、納得できるよね。」と話していたんです。藤井先生に、ここまでやっていただけたんですから。」もちろん、結果は何よりも大事です。ただ、どんな結果になったとしても、依頼者やご家族様が納得していただけるように、出来ることは全てやり尽くす、そんな弁護活動を、これからも続けて行きたいと思います。


強制わいせつの解決事例

深夜の示談交渉によって告訴が取り下げられた事件

ギリギリで実刑を回避して執行猶予になった、強制わいせつ事件

③11件中6件を不起訴にした裁判員裁判

④小田原での連続強制わいせつ事件

⑤少年の起こした連続強制わいせつ致傷事件

⑥立川の路上で起こった強制わいせつ事件

⑦強制わいせつ事件で、「示談は起訴されてから」


telfree.png当事務所では来所いただく前に電話相談を無料で受け付けています。気になることがある方はお気軽にご相談ください。
なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。
 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。
サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
こちらからメールしてください。
 

当事務所が解決した事件の一部を掲載しました。

解決事例

痴漢

盗撮

強制わいせつ

児童買春

児童ポルノ

強姦

窃盗・クレプトマニア

傷害

少年事件

大麻

住居侵入

交通事故

器物損壊

殺人未遂

強盗致傷

裁判員裁判

詐欺

横領

淫行

恐喝

公然わいせつ

道路交通法違反

     

 

刑事事件は経験豊富な横浜パートナー法律事務所の弁護士に。

 

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科を付けたくない
  • 釈放・保釈して欲しい
  • 執行猶予をつけて欲しい
  • 無実を証明したい
  • 会社をクビにされたくない職場・学校に知られたくない
  • テレビや新聞などに報道されたくない
  • 医師など資格保有者の方、公務員の方へ
  • 依頼されたお客様の感謝の声
  • 当事務所の解決事例
  • 刑事事件の弁護士の選び方
  • 当事務所の弁護活動方針

刑事事件別一覧

弁護士法人 横浜パートナー法律事務所について

弁護士紹介

 

弁護士の役割

 

弁護士費用

解決事例

 

相談から解決までの流れ

 

事務所所在地

 

ImgTop11.jpg
当事務所では来所いただく前に電話相談を無料で受け付けています。気になることがある方はお気軽にご相談ください。
なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

365日24時間受付 0120-0572-05
 
当事務所の解決事例

ImgLS3.jpg

メディア掲載実績
【横パLO】遠方バナー案.png
【横パLO】外国人バナー案4.png
被害者バナー3.png

刑事事件別一覧

刑事弁護について

事務所紹介

横浜弁護士会所属 弁護士法人 横浜パートナー法律事務所
アクセスはこちら
Access Map
対応エリア