自動車窃盗の自首案件

罪名:窃盗

依頼者:本人
最終処分:不起訴

酔って、自動車を乗り捨て

本件は、酔っぱらった被疑者が、鍵のついていた自動車を勝手に運転士、途中で乗り捨てたという事件です。
翌日になって、自分のしたことを思い出した被疑者が、当事務所に相談にこられました。

すぐに自首をするのが一番の対応

このような事案の場合、被疑者が特定されたら、まず間違いなく逮捕されます。
逮捕されると、新聞報道等される可能性が高く、致命的といえる状況になります。

今回車に乗り込んだのは繁華街でしたので、ビデオの撮影などにより、本人が特定される可能性も十分にありました。

そこで、早急に自首をすることを勧め、その場で警察に連絡を取り、事情を説明しました。

逮捕されることなく不起訴に

幸いなことに、車は無傷で発見されました。
捜査も任意で行ってもらえて、外部に本件が漏れることもありませんでした。

被害者の方には、ご迷惑をおかけしたお詫びと、相応の賠償金をお支払いすることにより、示談ができ、それにより、最終的に不起訴処分としてもらえました。

窃盗の自首

窃盗での自首は、うちの事務所でも初めての経験でした。
依頼者の、思い切りのよい判断により、大事に至らないで終わらせることができた案件です。

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。 メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。(http://keijibengo.com/contact メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら)  

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。