弁護士 下田和宏 Kazuhiro Shimoda

下田和宏

略歴

1983年 神奈川県川崎市生まれ
神奈川県立新城高等学校卒業
明治大学法学部卒業
明治大学法科大学院法務研究科卒業
神奈川県弁護士会所属

紹介

司法試験合格後、新潟の法律事務所、都内の法律事務所での勤務経験を経て、当事務所へ移籍。一般民事、家事事件や刑事事件などの個人のご依頼から中小企業を中心とした企業法務まで幅広い分野の事件を担当している。依頼者の方々が抱えている不安を取り除く身近な専門家として、丁寧な説明と迅速な事件処理に努める。

メッセージ

刑事事件において、被疑者・被告人やご家族の方が最も不安に感じているのが、「今後どのように手続が進んで、どのような処分になるのか」ということだと思います。

そのような被疑者・被告やご家族の不安を少しでも和らげ、安心していただけるよう丁寧かつ迅速な処理を心掛けて、対応をさせていただております。

被疑者・被告人の正当な権利を擁護できるのは弁護士である弁護人だけですので、ご依頼をいただいた皆様方のお力となれるよう事件に取組んでいます。

業務へのこだわり

刑事弁護では、刑事事件の「手続の流れ」を把握し、そのなかでいつまでに何をしなければならないのか、といった「見極め」とそれを実現するための「行動力」が必要です。特に被害者のいる事案では、示談ができるかどうかは最終的な処分に影響を与えますので、示談が難しそうな場合でも、労を惜しまず粘り強く交渉し、示談を成立させることに尽力しています。

私たちは、被疑者・被告人やご家族の方の良きパートナーとして、これらを実践していく熱意と姿勢をもって刑事弁護に取組んでいます。

 

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。 サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談はこちらのフォームに必要事項を記載し、送信してください。
メール相談への感謝の声をいただきました(いただいた感謝の声はこちら

お気軽にお問合せ、ご相談ください。0120-0572-05

なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。 お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。 そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

なぜ弁護士選びが重要なのか、なぜ横浜パートナーは刑事事件に強いのか