特殊器具を使っての盗撮事件

罪名:迷惑行為防止条例事件
依頼者:両親
 

盗撮事案での逮捕

最近は、盗撮事件の場合、逮捕・勾留されやすくなってきています。そうは言いましても、スマホ等での盗撮ではなく、特殊なカメラを用いての盗撮事件の場合は、悪質性・常習性を考慮され、逮捕勾留される場合ことはよくあります。
 

特殊カメラでの初めての犯行?

本件では、被疑者は特殊カメラを用いての盗撮は初めてのことだったと主張しています。通常、その様な主張は認められません。かえって、反省の気持ちがないものとされて、勾留が認められやすくなります
しかし本件では、そのカメラが家に届いたのは、犯行日の前日のことであり、カメラの中にも他の盗撮写真などは存在しないということでした。
 

領収書などの証拠の提出

そこで、カメラの領収書(日付入りのもの)などを入手し、本件犯行が常習的なものではないことを検察官に示しました。また、犯行現場には二度と近づかないこと、親族が十分に監督することなども、検察官に伝えました。その結果、勾留はされずに、無事に釈放してもらえました。
 

本件の特殊性

一般的には、素直に常習性を認めたほうが、良い結果を生むことになります。カメラなど押収された場合、たとえ削除していたファイルでも、復元されて証拠となりますので、否定するだけ悪い情状となります。
しかし本件では、特殊カメラでの撮影は本当に初めてであったことを示すことで、勾留を阻止できたという珍しい事案であり、記憶に残る事件となっています。

 

勾留阻止・身柄解放・保釈申請の解決事例

当事務所では、これまで、多くの案件で、早期に対応し、身柄を解放してきました。その一例を、ここにご紹介します(特定を避けるため、一部の事実については変更を加えています。)

 

①完全否認事件での身柄解放

②酔っ払って暴行をしてしまった人の身柄解放

③特殊器具を使っての盗撮事件



telfree.png当事務所では来所いただく前に電話相談を無料で受け付けています。気になることがある方はお気軽にご相談ください。
なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。
サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
こちらからメールしてください。

メール相談への感謝の声をいただきました(こちらをクリックしてください


当事務所が解決した事件の一部を掲載しました。

解決事例

 

刑事事件は経験豊富な横浜パートナー法律事務所の弁護士に。

 

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科を付けたくない
  • 釈放・保釈して欲しい
  • 執行猶予をつけて欲しい
  • 無実を証明したい
  • 会社をクビにされたくない職場・学校に知られたくない
  • テレビや新聞などに報道されたくない
  • 医師など資格保有者の方、公務員の方へ
  • 依頼されたお客様の感謝の声
  • 当事務所の解決事例
  • 刑事事件の弁護士の選び方
  • 当事務所の弁護活動方針

刑事事件別一覧

弁護士法人 横浜パートナー法律事務所について

弁護士紹介

 

弁護士の役割

 

弁護士費用

解決事例

 

相談から解決までの流れ

 

事務所所在地

 

ImgTop11.jpg
当事務所では来所いただく前に電話相談を無料で受け付けています。気になることがある方はお気軽にご相談ください。
なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。