暴行罪で逮捕勾留されたが、不起訴になった事例


罪名:傷害
最終処分:不起訴
解決までの期間:30日間
 

精神的に不安定で、入院歴のある被疑者

ご家族から、精神的に不安定で入院歴のある家族が、他人に暴力をふるって、逮捕勾留さっれたと相談を受けました。
事件当時も、かなり鬱の状態だったとのことです。
こういう場合は、被疑者の責任能力の問題が生じます。
 

簡易精神鑑定

検察官と話したところ、簡易精神鑑定を行うということでした。
しばらくして結果が出ましたが、責任能力は認められるだろうということです。
それを受けて、本件を不起訴にするための方策を検察官と協議しました。
そこで、被害者と示談でき、その後本人には入院して治療にあたってもらえるなら、不起訴としてもよいとの検察官の見解をいただきました。
 

被害者との交渉

被害者は、示談を行うことに消極的でした。
しかし、刑事処分が終わった後に、必ず入院させると約束することで、何とか示談が成立し、処罰を望まない旨も示談書に記載していただけました。
 
処分保留で釈放、その後不起訴へ
入院については、本人は必ずしも積極的ではないので、家族が説得を続けていきました。
勾留機関の満了時に、検察官にお願いし、とりあえず処分保留で釈放してもらいました。
その後、数日かけて何とか入院をしてもらい、その結果を検察官に報告し、最終的に不起訴処分としてもらえたのです。
 

 

傷害事件の解決事例

①痴話喧嘩から刑事事件となったが、不起訴となった事件

「暴力行為等の処罰に関する法律」違反に問われたが、被害者の不安を軽減することで不起訴となった事例

複数人に対する傷害(ケンカ)で全員と示談して不起訴となった事例

④酔った上での傷害事件で、身柄解放・不起訴に成功した事案

⑤行き過ぎたナンパが、暴行罪とされた事例

⑥出張先のタクシーで酔って運転手を殴った事件で、不起訴となった事例

⑦わいせつ目的が疑われたが、勾留を阻止し、不起訴となった暴行事件

⑧暴力行為等の処罰に関する法律違反で逮捕されたが数日で釈放され不起訴になった事例

⑨暴行罪で逮捕勾留されたが、不起訴になった事例

⑩労災事件としても解決した傷害事件

telfree.png当事務所では来所いただく前に電話相談を無料で受け付けています。気になることがある方はお気軽にご相談ください。
なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。
サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
こちらからメールしてください。

メール相談への感謝の声をいただきました(こちらをクリックしてください


当事務所が解決した事件の一部を掲載しました。

解決事例

 

刑事事件は経験豊富な横浜パートナー法律事務所の弁護士に。

 

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科を付けたくない
  • 釈放・保釈して欲しい
  • 執行猶予をつけて欲しい
  • 無実を証明したい
  • 会社をクビにされたくない職場・学校に知られたくない
  • テレビや新聞などに報道されたくない
  • 医師など資格保有者の方、公務員の方へ
  • 依頼されたお客様の感謝の声
  • 当事務所の解決事例
  • 刑事事件の弁護士の選び方
  • 当事務所の弁護活動方針

刑事事件別一覧

弁護士法人 横浜パートナー法律事務所について

弁護士紹介

 

弁護士の役割

 

弁護士費用

解決事例

 

相談から解決までの流れ

 

事務所所在地

 

ImgTop11.jpg
当事務所では来所いただく前に電話相談を無料で受け付けています。気になることがある方はお気軽にご相談ください。
なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。