強盗・恐喝に関する質問1

質問

夫が、刃物を使ったコンビに強盗で起訴されました。 執行猶予は付くのでしょうか。

回答

刃物を使った強盗は、非常に重い犯罪です。 前科などなくても、いきなり実刑判決となる可能性は十分にあります。 ただ、被害弁償がなされ、被害者が許してくれている場合など、 執行猶予が付く可能性もあると思われます。

 

質問

強盗を数回繰り返していた場合はどうでしょうか。執行猶予はつくでしょうか。

回答

連続した強盗の場合、たとえ初犯でも、 実刑になる可能性が高いと思われます。 特に、刃物など凶器を使った強盗の場合は、 執行猶予が付くことは、まず期待できないと思われます。 それでも、弁護活動としては、何とか被害者全員にお詫びして、 許していただくことで、執行猶予の可能性を高めることになります。

 

質問

強盗のときに、人に怪我を負わせてしまいました。 この場合には、執行猶予はつきますか。

回答

少し前までは、強盗のときに人に怪我をさせ、強盗致傷となったら、 執行猶予は付きませんでした。 (刑法上、強盗致傷の法定刑が高すぎて、執行猶予が付けられなかったため) 現在は、法律上は執行猶予が付けられるようになっています。 そして、怪我の程度が軽微である場合など、執行猶予の場合もありえます。 しかし、原則として、強盗致傷は今でも非常な重罪ですので、 容易なことでは執行猶予は付かないと考えるべきです。  

 

質問

強盗事件の弁護活動で、一番重要なことは何でしょうか。

回答

財産犯全てにいえることですが、やはり被害者に謝罪・損害賠償し、 許していただくことが一番重要になってきます。  

 

質問

強盗と恐喝というのは、何が違うのでしょうか。

回答

簡単に考えると、脅す程度が強ければ強盗、 それほど強くなければ恐喝になります。 刃物などの凶器を用いた場合は、まず間違いなく、 恐喝ではなく強盗になると考えるべきです。  

 

質問

強盗をしましたが、物は盗れませんでした。 この場合は、強盗は未遂だと思いますが、 それでも実刑判決になることがあるのでしょうか。

回答

一般的に、強盗未遂の方が刑は軽くなります。 ただ、強盗罪はもともと非常に重大な犯罪ですので、 未遂だというだけで執行猶予が必ず付くというわけではありません。 犯行態様や被害者との示談、前科前歴などが考慮されることになります。

 

質問

弟が恐喝未遂で逮捕され、勾留されてます。 今月末で20日目になります。弁護士(女性)はつけているのですが、 被害者に許してもらえず、このままだと起訴されてしまう可能性が 強く起訴された場合、弁護士を変えようと考えております。

回答

このままでは弟さんが起訴されてしまいそうで、 心配だというのは良くわかります。 ただ、被害者に許してもらうのは、そんなに簡単なことではありません。 まずは、今の弁護士がどれくらい熱心にやっているのかを 見極めた方がよいかもしれません。 被害者との関係でも、弁護士を変更することは、 必ずしも良いことではない場合もあると思います。

 

質問

20歳の息子が起こしたコンビニ強盗・銃刀法違反の罪で逮捕され、 先日、地裁にて求刑5年のところ懲役3年の実刑判決となりました。 未決勾留通算日30日。弁護人は国選。 犯行当時19歳、初犯、過去に非行歴なし。奪った金額は85,000円。 被害弁済・示談は済。執行猶予がつくものと信じていましたが、 結果は違いました。 これから控訴予定ですが、弁護人がを私選にしたほうがよいのでしょうか。

回答

被害弁済・示談もしっかりと行っているようですし、 その国選弁護人の方は、しっかりとした弁護活動をされていると思います。 刃物を使った強盗事件は、非常に重い罪です。 求刑5年のところ、3年の判決となったのは、かなり良い結果だと思います。 控訴審で私選の弁護人を立てても、 違う結果を期待するのはかなり困難だと思われます。

 

質問

朝、弟が恐喝未遂で任意同行で連れて行かれその2時間後、逮捕。 現在勾留されています。 刑事の方の話と弟の話ではだいぶ違う点があり、この4日間取り調べもされず。相手へ謝罪をし弟を早く出してあげたい。 どうしたらいいのか、ぜひお返事ください。なるべく早くお願いたします。

回答

結論から言いますと、早く信頼できる弁護士に依頼することです。 本人との話し合い(弁護士の場合、警察の立会いなしで時間無制限 で出来ます)警察や検察からの情報収集、検察との処分についても 交渉、被害者への連絡(弁護士でないと、被害者の情報を中々教え てもらえません)、示談交渉などを行い、出来るだけ早く解決する道 を探ります。さらに、無罪だというのなら、一緒に戦います。 遠い県の事件ですので、私の方では対応出来ませんが、近いところで、 信頼できる弁護士が必ずいると思います。

 

質問

彼氏が恐喝未遂で捕まりました。 前科で恐喝未遂がありその時は執行猶予で出てきてその三年後に 詐欺で捕まり求刑3年6ヶ月で満期を終え出てきて11ヵ月で捕まりました。 彼氏はヤクザですがもう辞めるみたいです。 求刑はどのぐらいですか?

回答

恐喝の犯行態様など、事実が分からない中で求刑だけ予想することは 困難です。しかし、前刑を終えて11ヶ月しかたっていないことや、犯行時 ヤクザであったことなどを考えると、一般的に、2-3年は覚悟した方が よいかもしれません。 以上、ご参考まで。

 

質問

強盗被疑事件を起こし起訴されましたが、 被害者が未成年で、両親が示談交渉に応じたようですが、 裁判は受けなくてはいけませんか。 初犯で、裁判での判決は執行猶予はつきますか? 教えてください。

回答

既に起訴されているのならば、たとえ示談がなされても、裁判は受けることになります。 犯行態様、被害額、余罪の有無により、執行猶予が付くか否かは変わってきます。 初犯ということですから、完全に示談ができていれば、一般的に言えば執行猶予の可能性は十分あると思います。 以上、ご参考まで。

 

質問

主人が恐喝で起訴されました。初犯です。 起訴内容は、友人関係にある人を恐喝してサラ金からお金を84万借りさせお金をとり、釣竿を折ったのです。 共犯がいます。拘置されて26日移送手続きもすんでいます。 示談は成立していませんが共犯者とともに100万渡しました。 裁判で執行猶予はつきますか?

回答

犯行態様など詳細が分からないので、はっきりしたことは言えません。 しかし、初犯であることや、100万円の賠償は出来ていることなどから考えると、 普通に考えると執行猶予の可能性はあるものと考えます。 既に起訴後拘置所に移っているのならば、弁護人も付いているものと思われます。 事件について一番よく知っている弁護人に、この辺のところは相談してみるべきだと考えます。 以上、ご参考まで。

 

質問

息子が恐喝で公判中です。共犯者の病気入院で2か月 公判が延び勾留6カ月になります。弁護人は私選です。 動きが鈍いです。示団はしてもらえるそうです。 1部弁済済み,初犯、後は共犯者の 支払い待ち、どうすれば良いのか困ています。

回答

息子さんの勾留が長引いているようで、ご心配ですね。 初犯で示談ができるのならば、常識的には執行猶予が付く可能性は十分にあると思い ます。 保釈の申請はしていないのでしょうか? 何にしましても、詳しい事情を知らない私には、はっきりしたことは答えようがあり ません。 私選の弁護人が付いているのですから、その人に何でも相談すべきだと思いますよ。 仮に相談できないというのならば、そのことが大きな問題です。 うまく解決するように祈っております。

 

質問

先日友人がコンビニ強盗をして逮捕されました。 先輩の誘いを断りきれず犯行を行ったと聞きました。 余罪で一個ひったくりがあるそうです。 コンビニ強盗は2人で犯行を行って、8万5千円を奪ったそうです。 友人先輩が木製のバットで店員の胸ぐらをつかみ「おとなしくしとけ」 と言って友人がレジからお金を奪ったと聞きました。 ひったくりでは友人が先輩に「行け」と言われて一人でやったそうです。 相手の方はすりむく程度の怪我をされました。 これらの現状で執行猶予がつく可能性はありますか? 心配でしかたありません。  

回答

詳細な事実が分からないので、はっきりしたことは言えませんが、執行猶予の付く可能性はあります。 ただ、ひったくりの方は恐らく強盗致傷として、裁判員裁判ですよね。 強盗致傷といえば重大犯罪です。 基本的には実刑を覚悟した方が良いと思います。 以上、ご参考まで。

 

質問

彼氏が先日恐喝で捕まりました。今日検察庁に送検されています。相手は示談する気 はなく起訴されると思います。今私に出来ることはないでしょうか? また私も現場に居たため警察にて調書?をとられています。これは裁判の時に使われ たりしますか? あと私も裁判の時に証人として出廷しなくてはいけないのですか? いくつも質問すみません。

回答

示談はできなくても損害賠償だけなら受け取ってくれるかもしれません。 誠意をもってお詫びするとともに、出来る限りの賠償を考えるべきです。 調書は裁判のときに使われる可能性は十分あります。 ただ、調書が使われる以上、通常、法廷で証言することはありません。 以上、ご参考まで。

 

質問

彼氏がコンビニ強盗をして捕まりました。ヤクザと関わりのある先輩に 脅されて、断り切れずにやってしまったそうです。先輩と二人で夜中に金属バットで 脅し、奪ったお金は8万5千円です。その日本当は私と遊ぶ約束をしていたのです が、その日になって急に「用事ができた」と遊びをキャンセルされたので、計画性は なかったと思います。また余罪でひったくりもあります。ひったくりも先輩に脅され たらしく、被害者の方はすりむく程度のケガをおいました。初犯ですごく反省もして います。出てきたあとの就職先ももう決まってます。まだ21歳です。執行猶予のつく 可能性はありますか?とても心配で、早く出てきてほしいです。

回答

執行猶予の可能性はあると思います。 ただ、強盗(被害者が怪我をしたのなら強盗致傷ですね)は、重大犯罪です。 実刑の可能性が相当高いと考えて、真剣に弁護活動すべきだと思います。 それから、読んでいて気になったのですが、「先輩に脅されて」等という言い訳は、 聞いていて気持ちの良いものではありません。 反省自体疑われることになりかねません。 今後の裁判では十分注意した方が良いと思いますよ。 以上、ご参考まで。

 

質問

6日前の朝、交際相手の彼(21)が留置場にいます。 A君が、ゲームセンターにて、中のデータが女の子の盗撮ばかりの携帯電話を拾いま した。 A君がその携帯電話の持ち主を探し「盗撮してる事を警察に言われるか、お金を出す かどちらがいい?」とお金を取りました。 その後、B君と私の彼が合流しました。 私の彼は恐喝をしているとは知らずに合流しました。まずA君が捕まりました。 その一週間後、彼も呼ばれました。 恐喝したお金でその後ご飯に行ったみたいです。 そして、盗撮していた被害者も警察に捕まっているそうです。 私の彼は、今までに何 も悪い事をした事はなく、学生でアルバイトもちゃんとしています。 28日になると留置場に入り20日が経ちます。 このような場合、彼はどのような結果が言い渡されるでしょうか?また国選弁護人 を、今の状況でつけられるのでしょうか? また、彼は、ラオス人。

回答

恐喝事件で勾留されているのならば、国選弁護人は付けられます。 まずは、事実関係をしっかりと調べた方が良いと思います。 少なくとも捜査機関は、彼も事件に関与していると考えているはずです。 起訴されて有罪判決が出ると、国外退去の可能性も出てきますので、今のうちから しっかりとした対応をした方が良いと思います。 以上、ご参考まで。

 

質問

はじめまして。先日夫が傷害、恐喝の容疑で逮捕されました。 恐喝の方はわかりませんが、傷害の方は6週間の診断書が出ているそうです。 弁護士の方に示談を相談したところ、意味がないと言われたのですが もうどうしようもないのでしょうか。夫に前科はないそうです。 どうなるかわからなくて毎日不安でたまりません。 起訴される可能性は高いでしょうか? 起訴されたら執行猶予などはつかないのでしょうか?

回答

どのような事案でも、示談をして意味がないということはありません。 可能ならば、何としてでも示談をすべきです。 ただ、本件の場合、示談をしたからと言って、正式裁判を受けないで済む(罰金刑など)かと言えば、なかなか難しいところはありそうです。詳しい状況が分からないのではっきりしたことは言えませんが、可能性はあるかもせれませんね。 また、起訴された場合でも、示談がしてあれば執行猶予が付く可能性は格段に高くなります。 その意味からも、今の段階で、可能ならば何としてでも示談すべきだと思います。 以上、ご参考まで。

 

質問

A君が盗撮している人を見つけ、「警察に言うぞ。いやなら金をだせ」と恐喝をし、 90万取りました。 私の彼がそれの二万五千円もらい、共犯として留置場に今日で十日目になりました。 前科はありません。 その盗撮していた人も捕まっています。 弁償を五万円する予定です。 このままだと、彼は、実刑になりますか、、、 執行猶予になる可能性はありますか? 実刑になったら、どの位覚悟したらいいか、教えてください。

回答

特に前科が無ければ、執行猶予が付く可能性が高いと思います。 そもそも、検察官に働きかけて、不起訴も狙えそうな気もします。 国選弁護人も付く事件ですから、弁護士とよく相談して進めた方が良いと思います。 以上、ご参考まで。

 

質問

脅迫で逮捕状が出て、出頭した次の日に 被害届けが取り下げになりました。 その場合、留置場わ何日間で出れますか?? 取り下げになったからと言って 逮捕にわ変わらないって事わないですよね?

回答

具体的な恐喝事件の内容、被害額等が分からないので、はっきりしたことは言えませ ん。 しかし、被害届が取り下げられたのならば、勾留されることなく、釈放される可能性 も十分ありそうです。 以上、ご参考まで。

 

 

強盗・恐喝に関する質問

1 2 3                                  


強盗致傷の解決事例

①粘り強い示談交渉により不起訴処分となった事件


恐喝の解決事例

否認しながら被害弁償も行い不起訴となった事例

自分で示談交渉をしたら、恐喝とされた事件

telfree.png当事務所では来所いただく前に電話相談を無料で受け付けています。気になることがある方はお気軽にご相談ください。
なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。
サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
こちらからメールしてください。

メール相談への感謝の声をいただきました(こちらをクリックしてください


当事務所が解決した事件の一部を掲載しました。

解決事例

 

刑事事件は経験豊富な横浜パートナー法律事務所の弁護士に。

 

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科を付けたくない
  • 釈放・保釈して欲しい
  • 執行猶予をつけて欲しい
  • 無実を証明したい
  • 会社をクビにされたくない職場・学校に知られたくない
  • テレビや新聞などに報道されたくない
  • 医師など資格保有者の方、公務員の方へ
  • 依頼されたお客様の感謝の声
  • 当事務所の解決事例
  • 刑事事件の弁護士の選び方
  • 当事務所の弁護活動方針

刑事事件別一覧

弁護士法人 横浜パートナー法律事務所について

弁護士紹介

 

弁護士の役割

 

弁護士費用

解決事例

 

相談から解決までの流れ

 

事務所所在地

 

ImgTop11.jpg
当事務所では来所いただく前に電話相談を無料で受け付けています。気になることがある方はお気軽にご相談ください。
なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。