逮捕、勾留に関する質問 2

質問

はじめまして。 パチンコ店で隣の席からカードを抜いてしまい、換金までしてしまった場合はどの程度の判決になりますか?また、勾留の可能性もあると思いますが、弁護士を使えば勾留無しなども可能でしょうか?

回答

似たような事案で、逮捕勾留されていた事件を担当しました。 被害者に弁償をして、許してもらえれば不起訴で終わる可能性が高いです。 また、最悪でも罰金刑で終るのではと思います。(前科などがないことが前提です。) 予め弁護士をたてて、被害弁償などに取り組みを見せることで、逮捕勾留の可能性を低くすることは可能です

質問

先方との示談が、保留の状態の中での、 略式手続きで罰金刑にしたいという検察からの連絡でした。 示談を、引き続き交渉していれば、勾留が長くなり、 (病気を理由に会社を休んでいる)復帰するのに支障がある様な 気がしてしまいますが、それでも示談交渉続けるべきでしょうか?

回答

非常に難しい問題です。正しい答えがあるわけではありませんが、 略式処分の場合は、それほど不利益が大きくないことを考えれば、 身体拘束を出来るだけ早く解くことを優先するのも、 十分にありえると思われます。 決断できずに、だらだら時間が過ぎるのが一番問題だと思いますので、 例えば自分自身で何時何時までと期限を切って、それまでに 示談が出来ないときは略式の罰金を受け入れるようにしてみるのも、 一つの考えだと思います。

 

質問

親が危篤なので、一目会わせてあげたいが、保釈の要件は満たさない場合、 何か方法はないのでしょうか。

回答

そのような場合には、裁判所に事情を説明することにより、 一定の範囲で身体の拘束をとかれる場合があります。 (勾留の執行停止といいます。) 親が危篤だという場合、お医者様にその旨の診断書を書いてもらい、 それを裁判所に提出して、勾留を停止してもらったことも有ります。

 

質問

ご質問がありまして、メール致しました。 毎日連絡を取り合っていた友人と、突然連絡が取れなくなりました。 その友人は、3週間ほど前に、免許停止中の無免許運転中、60キロオーバーの速度違 反をし、車を押収されていました。 しかし、その後も原付に乗って通勤していたようです。。。 また、友人には前歴があり、免許を取る前に原付で当て逃げをし、2年間ほど免許を 取れなくなっていたそうです。 今、連絡が取れなくなってから2週間です。 この場合、逮捕・勾留されている可能性はあるのでしょうか。 また、自宅に警察が逮捕をしに来ることもあるのでしょうか・・・。 こんな質問で申し訳ありません。 ご回答いただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。

回答

逮捕勾留されている可能性が非常に高いと思います。 恐らく、正式裁判を受けることになるのではないでしょうか。 以上、ご参考まで。

 

質問

友人が万引きしました。 でも今友人に連絡出来ず。 自分の子どものベビーカーで万引きしたものをそこに隠しあったためそれが警察の方 がわかって、攻められました。 弁償だけで済むと言われました。 それは安心できますか?? 共犯ってになるんですか? しかも、警察の人が友人を三日後に自分と一緒で呼ばれましたが、未だに友人に連絡 取れません。 その場合はどうなりますか? 自分に全部負担になりますか? 自分に子どもが居て、しかもまだ1歳でかなり心配してます。 ご返答よろしくおねがいします

回答

お友達が、あなたのベビーカーを使用して万引きしたんですよね。 万引きすることについて、あなたは知っていたのでしょうか? この点が書いてない ので、何とアドバイスして良いのかはっきりしません。 仮にあなたは何も知らなかったのならば、責任を問われることはありません。賠償す る義務も有りません。警察には、何も知らなかったと説明すべきです。 仮に万引きについて知っていたのならば、共犯ということになります。友人が払わな いのならば、法律上全額弁償する義務があります。逮捕されないことに感謝して、出 来るだけのことをすべきだと思います。 以上、ご参考まで。

 

質問

取りあえず、弁護士に逮捕されている家族と会って欲しい場合は、 どうすればよいですか。

回答

家族を含めた一般の人が、本人に会うことが禁止されている場合でも、 弁護士ならば会うことができます。 逮捕された後、勾留となる前の段階でも、弁護士ならば会うことができます。 弁護士を依頼して、逮捕されている本人が元気にしているか、 本当に罪を犯したのかといったことを確認したり、 家族の状況を伝えてもらったりすることができます。

 

質問

接見が禁止されている場合でも、一目会って、 励ましてやりたいのですが、何か方法はありませんか。

回答

公開の法廷で、何故勾留されているのかという理由を 明確にするように要求することができます。 (勾留理由開示請求といいます) そのときには、本人も法廷に出てきますので、 傍聴席から本人の姿を確認したり、 本人に家族の姿を見せたりすることもできます。

 

質問

拘留中に、略式の罰金刑にしたいと検察官から言われました。 この場合、会社に知られる可能性はありますか? また、他の人から見て、判断出来るような目印 (免許証・パスポート・住民票)等はあるのでしょうか? ローンの見直しの際などに、調べられてしまう事もあるのでしょうか?

回答

会社に知られる可能性は、ほとんどないといってよいと思います。 免許証、パスポート、住民票、戸籍などにも記載されませんので、 通常の人が目にすることもありません。 ローンの見直しのときに、勝手に金融機関が調べることはできません。 また、本人に罪を犯していないことの証明を金融機関が ローン見直しのときに求めたと言うことは聞いたことがありません。 その意味では、そんなに心配する必要はないと思います。

質問

主人が3年前に会社を倒産させてしまい、当時金融関係の会社からお金を借りていま したが倒産により返す事ができませんでした。 その事が原因で刑事告訴を2社からされてしまいました。 きちんと倒産の手続きをしないまま、海外へ渡米したため日本の警察のほうから逮捕 状が出ており現在アメリカの刑務所に拘留されている状態です。一度出た逮捕状を示 談のような形で、取り下げてもらう事は可能でしょうか?? 至急のご回答よろしくお 願いします。

回答

被害者が示談に応じて、告訴状や被害届を取り下げてくれるのならば、刑事手続きが 止まることもあり得ます。 その場合、逮捕も終了する可能性が高いでしょう。 どちらにしても、被害者と示談ができるのならば、出来るだけ早い段階ですべきだと 思います。 なお、お金を借りていた会社が倒産しただけでは刑事事件にはなりません。本件は、 恐らく取り込み詐欺の容疑だと思います。示談にあたっては、その辺をしっかりと理 解することが必要です。 以上、ご参考まで。

 

質問

私の彼(オーストラリア人)が酔っぱらっているときに、客引きの男とトラブルになりました。 酔っていたせいもあり、記憶が完璧ではないが、向こうが彼の腕を掴もうとしたので、 それを振り払った際、相手の胸を押した。 トラブルを避けるため、その場を立ち去ろうとすると、客引きの仲間がもう二人現れ、 追いかけられた。 相手グループに追い詰められたところで、パトカーがきて拘束されたそうです。 私が事情を聞きに警察に行ったのですが、すでに彼が加害者として扱われていました。 (双方とも怪我はありません。) 先ほど、裁判所から戻りましたが、通訳がいたものの完璧には現在の状況が把握しき れておらず不安がっています。 起訴か不起訴かを待っている状況と理解して良いのでしょうか。 また、今の段階で弁護をお願いした方が良いのでしょうか

回答

勾留されないで、帰してもらえたようで、何よりでした。 ただ、彼の言う通りの事実認定を捜査機関がしているならば、逮捕されなかったと思います。 捜査機関側が考えている事実の内容と、それを根拠づける証拠・証言は何かを、できる限り押さえた方が良いでしょうね。 今後は、恐らく検察庁から呼び出しがあるでしょう。 そこで、罰金刑などの処分が決まります。 仮に捜査機関側の方が正しそうだとなったら、「酔っていたのではっきりとは覚えていませんが、 その様な証言が有るのならば、間違いないと思います。」といった方が、処分も軽くなると思います。 争えば、正式裁判になる可能性も出てきます。 弁護士は頼んだ方が良いと思いますが、まずは近くの弁護士に、具体的な事件としてしっかりと相談した方が良いと思いますよ。 以上、ご参考まで。

 

質問

逮捕についての、刑事訴訟法の条文を教えてください。

回答

第百九十九条  検察官、検察事務官又は司法警察職員は、被疑者が罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由があるときは、裁判官のあらかじめ発する逮捕状により、これを逮捕することができる。ただし、三十万円(刑法 、暴力行為等処罰に関する法律及び経済関係罰則の整備に関する法律の罪以外の罪については、当分の間、二万円)以下の罰金、拘留又は科料に当たる罪については、被疑者が定まつた住居を有しない場合又は正当な理由がなく前条の規定による出頭の求めに応じない場合に限る。

2  裁判官は、被疑者が罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由があると認めるときは、検察官又は司法警察員(警察官たる司法警察員については、国家公安委員会又は都道府県公安委員会が指定する警部以上の者に限る。以下本条において同じ。)の請求により、前項の逮捕状を発する。但し、明らかに逮捕の必要がないと認めるときは、この限りでない。

3  検察官又は司法警察員は、第一項の逮捕状を請求する場合において、同一の犯罪事実についてその被疑者に対し前に逮捕状の請求又はその発付があつたときは、その旨を裁判所に通知しなければならない。 第210条 検察官、検察事務官又は司法警察職員は、死刑又は無期若しくは長期3年以上の懲役若しくは禁錮にあたる罪を犯したことを疑うに足りる充分な理由がある場合で、急速を要し、裁判官の逮捕状を求めることができないときは、その理由を告げて被疑者を逮捕することができる。この場合には、直ちに裁判官の逮捕状を求める手続をしなければならない。逮捕状が発せられないときは、直ちに被疑者を釈放しなければならない。

2 第200条の規定は、前項の逮捕状についてこれを準用する。  第211条 前条の規定により被疑者が逮捕された場合には、第199条の規定により被疑者が逮捕された場合に関する規定を準用する。 

第212条 現に罪を行い、又は現に罪を行い終つた者を現行犯人とする。2 左の各号の一にあたる者が、罪を行い終つてから間がないと明らかに認められるときは、これを現行犯人とみなす。

1.犯人として追呼されているとき。

2.贓物又は明らかに犯罪の用に供したと思われる兇器その他の物を所持しているとき。

3.身体又は被服に犯罪の顕著な証跡があるとき。

4.誰何されて逃走しようとするとき。 第213条 現行犯人は、何人でも、逮捕状なくしてこれを逮捕することができる。

 

質問

勾留についての、刑事訴訟法の条文を教えてください。

回答

そ第六十条  裁判所は、被告人が罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由がある場合で、左の各号の一にあたるときは、これを勾留することができる。

一  被告人が定まつた住居を有しないとき。

二  被告人が罪証を隠滅すると疑うに足りる相当な理由があるとき。

三  被告人が逃亡し又は逃亡すると疑うに足りる相当な理由があるとき。

2  勾留の期間は、公訴の提起があつた日から二箇月とする。特に継続の必要がある場合においては、具体的にその理由を附した決定で、一箇月ごとにこれを更新することができる。但し、第八十九条第一号、第三号、第四号又は第六号にあたる場合を除いては、更新は、一回に限るものとする。

3  三十万円(刑法 、暴力行為等処罰に関する法律(大正十五年法律第六十号)及び経済関係罰則の整備に関する法律(昭和十九年法律第四号)の罪以外の罪については、当分の間、二万円)以下の罰金、拘留又は科料に当たる事件については、被告人が定まつた住居を有しない場合に限り、第一項の規定を適用する。 第六十一条  被告人の勾留は、被告人に対し被告事件を告げこれに関する陳述を聴いた後でなければ、これをすることができない。但し、被告人が逃亡した場合は、この限りでない。

 

逮捕・勾留に関する質問

1 2 3                                  

telfree.png当事務所では来所いただく前に電話相談を無料で受け付けています。
気になることがある方はお気軽にご相談ください。
なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。
お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。
そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。
サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談クリックバナー.PNG

メール相談への感謝の声をいただきました(こちらをクリックしてください


当事務所が解決した事件の一部を掲載しました。

解決事例

 

刑事事件は経験豊富な横浜パートナー法律事務所の弁護士に。

 

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科を付けたくない
  • 釈放・保釈して欲しい
  • 執行猶予をつけて欲しい
  • 無実を証明したい
  • 会社をクビにされたくない職場・学校に知られたくない
  • テレビや新聞などに報道されたくない
  • 医師など資格保有者の方、公務員の方へ
  • 依頼されたお客様の感謝の声
  • 当事務所の解決事例
  • 刑事事件の弁護士の選び方
  • 当事務所の弁護活動方針

刑事事件別一覧

弁護士法人 横浜パートナー法律事務所について

弁護士紹介

 

弁護士の役割

 

弁護士費用

解決事例

 

相談から解決までの流れ

 

事務所所在地

 

ImgTop11.jpg
当事務所では来所いただく前に電話相談を無料で受け付けています。気になることがある方はお気軽にご相談ください。
なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。