• HOME
  • 控訴に関する質問

控訴に関する質問1

質問

地方裁判所の裁判で、執行猶予が付くと思っていたのですが、実刑となりました。 争うことはできないのでしょうか。

回答

高等裁判所に控訴を申し立てることができます。 控訴審で、量刑が重いという理由で争えます。

 

質問

控訴をした場合、刑が軽くなる可能性はどのくらいあるのでしょうか。

回答

可能性は、非常に小さいと考えた方が間違いありません。 控訴審では、一審判決が間違っていたかどうかが判断されます。 仮に控訴審の裁判官は、もう少し軽い刑の方が妥当かなと思っても、1審判決 が間違っているとはいえない場合には、その判断が維持されます。 従って、第1審でできる限りの弁護活動をする必要があります。

 

質問

1審判決の後、被害者と示談ができました。この場合には、刑が軽くなると考えてよいのでしょうか。

回答

示談ができたという点は非常に大きいので、刑が軽くなる可能性はあります。 しかし、必ずしもそういうわけではありません。示談がなされても、刑を軽くするほどではないとして、 刑に影響がない場合は沢山あります。

 

質問

実刑判決なので、控訴したいと思います。現在勾留中です。 しかし、控訴で争っても認められなかった場合、控訴審の期間勾留されている分は、 刑期から控除してもらえるのでしょうか

回答

未決拘留日数ということで一定程度は除いてもらえます。 控訴期間から60日を引いた日数くらいは、刑期に参入してもらえるようです。

 

質問

1審では保釈が認められていたところ、実刑判決となりました。 控訴した場合、もう一度保釈は認めてもらえるでしょうか。

回答

保釈保証金の金額は上がりますが、もう一度保釈される可能性はあります。

 

質問

控訴審でも実刑判決となりました。保釈されている場合は、判決の出た法廷で収監されるのでしょうか。

回答

一般的には、その場で収監されることはありません。 控訴審の場合、被告人本人が必ずしも法廷に行く必要はありません。 法廷に行っていない被告人とのバランスを考えて、その場で収監しないのが普通です。

telfree.png当事務所では来所いただく前に電話相談を無料で受け付けています。気になることがある方はお気軽にご相談ください。
なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。
サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談クリックバナー.PNG

メール相談への感謝の声をいただきました(こちらをクリックしてください


当事務所が解決した事件の一部を掲載しました。

解決事例

 

刑事事件は経験豊富な横浜パートナー法律事務所の弁護士に。

 

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科を付けたくない
  • 釈放・保釈して欲しい
  • 執行猶予をつけて欲しい
  • 無実を証明したい
  • 会社をクビにされたくない職場・学校に知られたくない
  • テレビや新聞などに報道されたくない
  • 医師など資格保有者の方、公務員の方へ
  • 依頼されたお客様の感謝の声
  • 当事務所の解決事例
  • 刑事事件の弁護士の選び方
  • 当事務所の弁護活動方針

刑事事件別一覧

弁護士法人 横浜パートナー法律事務所について

弁護士紹介

 

弁護士の役割

 

弁護士費用

解決事例

 

相談から解決までの流れ

 

事務所所在地

 

ImgTop11.jpg
当事務所では来所いただく前に電話相談を無料で受け付けています。気になることがある方はお気軽にご相談ください。
なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。