• HOME
  • 国選弁護人

国選弁護人に関する質問1

質問

国選弁護人が付いています。家族として、直接会ってお話を聞かせてくださいと頼みました。 しかし、家族と会っても、裁判の結果は変わらないので、会うだけ時間の無駄だと言われました。 国選弁護士に会ってもらうことはできないのでしょうか。

回答

ご家族として心配な気持ちは良く分かります。 国選弁護人としても、できるだけご家族と会って、現状報告をすべきでしょうね。 しかし、報酬面でも国選弁護人はそれほどもらっていませんので、あまり多くを期待することも難しいと思います。 取りあえず、電話などで良くお話を聞かせて貰う方向で考えるべきだと思います。

 

質問

国選弁護人に保釈をお願いしました。すると、「国選の場合は保釈などやらない、 保釈金があるのならば、私選を頼め。それでなければ、保釈の費用は別途支払え」と言われまた。 これは、やむを得ないことなのでしょうか

回答

多くの国選弁護人は、保釈の請求まで親身になってやってくれます。 保釈まで依頼しても、決しておかしなことはないと思います。 しかし、国選弁護人が保釈をしてくれなくても、それだけでただちに問題とまで言えるのかは 難しいところがあります。 ただ、保釈をするので別途費用を請求する行為は明かに問題です。そのようなことを言われた場合は、 その弁護士の所属する弁護士会などに相談してみることをお勧めします。

 

質問

国選弁護人から、保釈支援協会は手数料が高く不当な行為をしているのだから、 自分はそのようなものに協力できないと言われました。少しくらい手数料が高くても、 何とか早く出たいと思っている家族の気持ちとしては納得できません。 何とかならないのでしょうか。

回答

その様な考えの弁護士も相当数いるようです。 当事務所では、お金がない人には積極的に紹介するようにしていますが、違う考えの弁護士 の場合には、保釈支援協会を使うのは困難だと思います。

 

質問

内縁の夫が窃盗で勾留されています。国選弁護人をお願いしたいと考えていましたが、 もっと重大犯罪でないと国選弁護人は頼めないと言われました。 私選の弁護士をお願いするしかないのでしょうか

回答

誰にそのようなことを言われたのでしょうか? 現在では、窃盗罪でも、逮捕勾留されている場合は国選弁護人を依頼できます。

 

質問

息子が窃盗で1年前に執行猶予の判決をもらいました。しかし、今回また、窃盗をしてしまい、 裁判になっています。国選弁護士は、示談もできたし、被害額も小さいので、8割は執行猶予が付くと 言っていたので、判決の日は食事を用意して待っていたのですが、実刑でした。 控訴したいと思いますが、控訴すれば何とかなるのでしょうか。

回答

同じ窃盗犯で執行猶予中に、1年もたたずに窃盗を行ったわけですね。 国選弁護人が、どのような理由で8割執行猶予と言ったのかはわかりませんが、 このような場合は、まず間違いなく実刑判決が出ます。 残念ですが、控訴をしても、まず結論は変わらないと思われます。

 

質問

国選弁護人は、弁護士報酬も安いため、真剣に弁護をしてくれないという 話を聞いたことがありますが、本当でしょうか。

回答

基本的にそのようなことはありません。 国選弁護であっても、真剣に対応する弁護士が大多数です。 ただ、被害弁償を弁護士が積極的に手助けするとか、 何度も本人に会いに行き、本人を励ますといったことが、 なかなか難しいということはあります。 (もっとも、そういったことも厭わずに、全力で国選弁護をやっている 弁護士の方が多いと思います。) その一方で、国選弁護を引き受けたが、ほとんど何もしないで、 本人にも裁判所で初めて会った、などという弁護士がいるのも、 残念ながら事実です。

 

質問

現在国選弁護人がついていますが、熱心にやってくれているとは 思えません。私選弁護人に今から かえる事はできるのでしょうか?

回答

何時でも変更は可能です。私選で弁護人を選任した場合、 国選弁護人は自動的に解任されます。

 

質問

現在依頼している国選弁護士は、一応のやるべき事をしている感じは ありますが、まめに色んなアイディアをだしてくれたりしては無く、共犯と されている友人に私選弁護士がついているので「私選弁護士が示談等 になればまめに動いてくれるでしょうね。」という感じです。 その私選弁護士は保釈却下の証拠を提示させる方向に動くらしいです。 ・相手に危害を与えるおそれがある。というのも絶対ありえないのですが、  わかって貰えない様で。 ・飲んで酔っぱらっていたので覚えてない部分はあるが大筋罪を認め  反省しているのに、証拠隠滅のおそれあり(証拠は警察ではっきりし  たのですが、何もないそうです。 こんな理由でしたが、弁護士はしょうがないと思っている様です。 しかし休み明けに国選弁護士に検事へ再度相手の連絡先を教えても らいたいと交渉してもらうように頼みました。 それ以上何も手段は聞かされていません。 主人に相手への謝罪文を書くことは勧めた様です。 この程度なのですが、大山さんから見ての弁護士の評価と、保釈の 可能性はいかがなものでしょうか。

回答

国選弁護人としては、平均以上の仕事をしていると思います。やはり、 事務所を経営する以上、国選のような、あまりお金にならない仕事で、 それほど多くのものを要求するのは、酷な気がします。(私が国選で やるときも、やはり私選ほど時間をかけて丁寧にはできません。 逆に言いますと、それでは高いお金を払って依頼してくれているお客様 にすみません。) 保釈については、細かい事情が分からないので何ともいえませんが、 私なら準抗告ということで、他の裁判官にもチェックしてもらうと思います。

 

質問

何度も質問すいません。 担当の国選弁護士さんがおそらく不起訴(起訴猶予)でしょって言われた のですが、勾留延長最高20日ですよね?その日に必ず起訴か不起訴 きまるのですよね? 弁護士さんがおそらく不起訴って言われてるから信じて大丈夫ですよね?

回答

勾留は、特殊な事件を除いて最長20日です。 ただ、その日には、起訴か不起訴か決めないで、処分保留ということで 釈放することがあります。 弁護士は通常固めの意見を言いますから、「おそらく不起訴」とのこと なら、普通は不起訴だと思います。(私は事件について何も知らないので、 はっきりしたことは言えませんが。)

 

質問

初めまして。 実は4年前になるのですが、覚せい剤と強姦の罪で12年の実刑をもらって しまった人の話です。 その時に頼んだ弁護士の人が、白内障の手術したり、手紙で話がしたい と出しても、行ってあげなかったりと、こちらもなんとか示談してほしくお願 いしたのですが、検事が教えないので無理ですと言われ... 結果裁判の時も検事が話てる全ての事に同意しますとの返事で何の弁護 もない結果、12年と言われました。 もう少し頑張ってくれればもう少し短くなったのではと悔やまれるのです。 もう、刑務所に行ってしまった人の事は諦めて待つしかないのでしょうか? ニュースを見て人を殺害した人が7年とか聞くとどうも今だに納得が出来 ないのです。 教えて下さい。もう、どうする事も出来ないのでしょうか?

回答

裁判のときに頑張らないと、あとで何か言うのは事実上不可能だと考えます。 (その意味で、しっかりと弁護をしてくれる弁護士を選任するのが大切になるわけです。) お力になれなくてすみませんでした。

 

質問

宜しくお願いします。 DVDをコピーして販売、買った人が転売し逮捕され共犯ということで逮捕されました。 逮捕前日パソコンやDVD等押収されています。逮捕から1週間後国選弁護士から連絡がきました。 現在起訴され、追起訴3件予定です。 逮捕後、先方様宛に謝罪の手紙を書きました。送付先を訊くために弁護士に連絡をとると此方に送付いただければ先方宛に届けます。と言っていただきすぐに送付しました。(2通共に起訴前です) ところが昨日、いまだに手元に持っているというのです。 気になる事は他にもあるのですが、1番先方様に誠意も届いていない事にショックを受けました。 詳細資料も今週に届きこれから読むと金曜日言っていました。保釈の請求依頼も受けていただけません。 弁護士としてお任せ出来る方でしょうか?

回答

国選弁護人の場合、ご家族などへの説明は不十分でも、やるべきことはしっかりやっている弁護士の方が多数派だと思います。 本件の場合も、被害者側が謝罪の手紙を受領することを拒否しているなどの理由があるのかもしれません。 また、保釈についても、実刑の可能性がかなりあるい場合には、反省の気持ちを見せるためにも、あえて保釈申請しなことなどもあります。 本件の場合は、どういうことなのかは良く分かりません。まずは、その国選弁護人の方に、良く話を聞いてみることが大切ではないでしょうか。 お願いしても、そのような説明を全くしてくれない場合には、任せておくべきか真剣に考えた方が良いかもしれません。 以上、ご参考まで。

 

質問

早速のお答をありがとうございます! もう一度よくお話をしてみます。 連絡しましても折り返すと事務員さんに言われ、待っていても翌日の夕方になっても連絡が来ないので連絡しなおし、ようやく折り返しのお電話があるので・・ 5分もしない間に早口になり、慌てて切ろうとされるので、ゆっくりは中々難しいのですが・・ 手紙も先方の受け取り拒否ではないようです。 でも、もう一度お話をしてみます。 ありがとうございました。

回答

国選は、私選弁護の数分の1しか弁護士料をもらえませんので、どうしても時間をかけてやるのが難しいということはあります。 その辺の事情を理解したうえで、弁護士さんと話してみてください。 うまくいくように祈っております。

 

質問

相談させて頂きます。 旦那が強制わいせつ致傷で捕まり内容を聞いてみたら、 自 転車に乗っていた女子高生を突き飛ばして倒してそしてスカートをずらそうとし、ブ ルマの上から2.3度触ったらしく そしてその後そのブルマを膝までずらしたしいので すが... その時に目撃者に見られ怖くなって逃げたらしいんです。 被害者の方は陰部 を強く2度程揉まれたと証言してるらしいです。 その時の怪我が全治9日間と診断されてます。 後 示談はとれています。 弁護士さんいわくもう一度被害者の方の所に行き嘆願 書を書いてもらいに行くらしく 今さら可能なのでしょうか?旦那が刑務所に入ると 両方の親の介護が出来なくなるのでどうにか出て来て欲しいのですが、 後、裁判で は執行猶予は付くでしょうか教えて下さい。 弁護士さんとはなかなか連絡がとれず話しが少ししかできず 困っています やはり国選だからでしょうか? 後証人喚問に私と会社の社長が出る事になってます。 後、近所の人や友人や会社の人達も嘆願書を書いてくれているのですが そんなのも有利にはなるのでしょうか?

回答

示談後に、嘆願書まで書いてもらうのは、容易なことではないと思います。ただ、今 回は実刑の可能性がかなりありますので、可能性がある以上そこまでした方が良いと 私も考えます。 執行猶予も、簡単にとれるわけではありませんが、可能性は残っていると思います。 担当していない弁護士ですと、はっきりした見解を出すのは、どうしても限界があり ます。こういう問題は、現在の弁護士とよく話し合って決めるべきだと思います。 示談に加えて被害者の嘆願書の取得まで考えてくれているのですから、その国選弁護人の方は 良い仕事をしていると思います。ただ、他の仕事もありますから、私選弁護の数分の 1の弁護士料しかもらえない国選ですと、時間を十分にとってご家族とも話しをする のは難しいかもしれません。 近所の方などの嘆願書は、出してもほとんど意味はないと思います。ただ、嘆願書がマイナスになる わけではないので、やること自体は問題ないと思います。

 

質問

家の息子は15歳なんですが、同じ学校に通う生徒さんに暴力をふるいただ今勾留中です。 家の息子だけではなく一緒に暴力をふるった子がいます。 その子は昨日家裁にて鑑別所が決定・移送されたのですが国選弁護士の方に 「多分鑑別所は3週間ほどだと思います。示談をしないと鑑別所が長くなりますよ」と言われたそうです。 示談ができると少年院に行くか保護観察になるか変わってくると言うのであれば何と なく理解ができるのですが、鑑別所が長引くかそうでないかも変わるのですか? 家の子も国選弁護人を付けたばかりで(昨日)まだわからない事なのと、言われたお母 様が相談できる相手もいないので教えていただければと思います。 長くなってしまい申し訳ありません。

回答

何かの誤解があるように思えます。 成人の刑事事件ですと、示談ができたことにより、保釈が通りやすくなるといったこ とは確かにあります。 一方少年事件ではご指摘の通り、示談の有無が、鑑別所にいる 期間の長短に影響を及ぼすことは、まず考えられないと思います。 鑑別所は、基本的に4週間以内の期間入ることになり、その期間内の日で、裁判所が 審判の日を決めます。 審判の日までは、どちらにしましても鑑別所に入っていることになりますから、示談 をできたからといって、ほとんど影響はないと思います。 以上、ご参考まで。

 

質問

昨日裁判所より、国選弁護士の決定通知が届きました。 横浜弁護士会の方なのですが、以前に離婚した夫との事で相談した方でした。 その時の対応が、不親切で嫌な思いをしました。 国選弁護士の変更は出来ないでしょうか?教えてください。

回答

国選の場合、嫌な人だから換えて貰うというわけにはいきません。 最悪、どうしてもうまくやっていけない場合、解任すれば、新しい弁護士が選任されるはずです。 しかし、事実上、解任はなかなか難しいと思います。 以上、ご参考まで。

 

質問

息子が先日午後4時頃に住居侵入で現行犯逮捕され本日検察の方に行っています。 生活費が無く、已む無く窃盗目的で入った処を隣人に見つかり警察に連絡され逮捕されました。 お金が無く国選の弁護士さんにお頼りしたいのですが、どの様にすればよいのでしょうか。 又費用はどの位掛かるのでしょうか? そして保釈はして頂けるのでしょうか? 以前にロッカー荒しで書類送検があります。

回答

裁判所の方で、国選弁護人を付けるか聞いてきますので、そのときにお願いすれば足 ります。 国選の場合、費用は10万円以下です。お金がない場合はそもそも請求されない場合 が多いです。 保釈については、やらないという国選弁護人もいますが、多くの人はやってくれるは ずです。ただ、保釈保証金が必要になりますので、それをどのようにして用意するの かの問題は残ります。 以上、ご参考まで。

 

質問

実母が万引きにて逮捕され、現在もなお勾留中です。 勾留は一度延期になり、起訴・不起訴は今週末にわかる予定でおります。家族として とても心配しているのでこちらで質問させていただきます。 実母は万引きでの逮捕が4度目になり、3度目の時には別件もあり服役もしておりま す。 期間としては1年半ほどだったと思います。 今回は服役を終えて2年4カ月ほどたっていての万引きでの逮捕になります。 この場合1.起訴は間違いないと思いますが、罰金刑になる可能性と、実刑判決で執 行猶予付きの判決の出る可能性はどのようになりますか? 2.私自身臨月であと数週間で出産を控えており、万が一保釈請求をした際に保釈が 通るかどうかの可能性はどうでしょうか? 弁護士は国選弁護士さんをお願いしております。 ご回答よろしくお願いいたします。

回答

出産が迫っている中、お母様がこんなことになってしまい、心配ですね。 罰金刑になるのか、起訴されて正式裁判を受けるのかは、詳しい事情を知らない私に は何とも言えません。今回の万引きの態様、被害金額、弁償の有無なども重要になっ てきます。ただ、起訴された以上は、法律上必ず実刑判決になりますから、執行猶予 ということはあり得ません。 保釈についても、詳しい事情が分からないので何とも言えません。ただ、以前に比べ て現在は通り易くなってきていますので、通る可能性もそれなりにあるのではと思い ます。 どちらにしても、こういう質問は、具体的な事件について一番良く知っている、国選 の弁護士にすべきものだと思いますよ。 以上、ご参考まで。

 

質問

以前窃盗罪で執行猶予になった主人が、同じ罪で逮捕されてしまいました。 今は起訴をされて裁判待ちなのですが、その間に保釈できるのであればしたいと 思っています。 この状況で保釈申請は通るものなんでしょうか? また、国選弁護士さんに保釈申請を頼んだ場合、費用はかかるんでしょうか

回答

前回の窃盗事件と、今回の事件の詳細が分からないので、はっきりしたことは言えません。 ただ、前に執行猶予になっていたとしても、今回保釈が通る可能性はあります。 保釈申請について、国選弁護人が費用を請求することは禁止されています。 ただ、国選弁護人によっては、保釈申請をしてくれない場合もありますので、注意が必要です。 以上、ご参考まで。

 

質問

お答えいただいてありがとうございます。 今日、弁護士さんと保釈のことを話したのですが、保釈金は貸してくれるところがあるが、 20万ほどは現金を用意しなければいけないと言われました。その20万はなんなんでしょうか?

回答

全額は貸してくれないで、1割程度は自分のお金を用意する場合があるということです。 保釈金が200万円でしたら、1割で20万円ですね。 こういうことは、その国選の方に聞けば、ちゃんと答えてくれるはずですよ。

 

質問

本日、18歳の息子が本日建造物侵入の窃盗で逮捕され、そのまま勾留されています。 警察の方には勾留後、このまま鑑別行きだと言われました。 今回3回目で本人も罪を認めており、少年院行きもありと言われています。 弁護をお願いして、少年院だけは何とか避けたいのですが、私設弁護士さんをお願い できるお金はとても用意出来そうにありません。 この事件で、国選弁護人をお願いすることは可能ですか?また、その場合どのように お願いしたらいいのでしょうか? 警察の方に意思を伝えたら紹介してくださるので しょうか? また、被害者の方へはなるべく早いうちに謝罪や弁償などのお話をさせていただきた いと思っているのですが、国選弁護人の方でも、弁償や示談などの相談や相手との交 渉をしてくださるのでしょうか?

回答

大変ご心配なことと思います。 少年事件の場合、いったん勾留されますと、7、8割はそのまま鑑別所に行きます。 今回も、その可能性は高いと思います。 現在は、勾留されている段階とのことですが、被疑者段階での国選弁護人を選任する ことは可能です。 勾留を決めるときに、息子さんの方にその旨話しがあったはずですよ。 お母様としては、近くの司法支援センター(法テラス)に連絡してみればよいと思い ます。 http://www.houterasu.or.jp/housenmonka/kokusen/ 国選の人でも、通常は被害弁償などしっかりとやってくれるはずです。 良い結果となるよう祈っております。

 

 

 

国選弁護人に関する質問

1 2                                    

telfree.png当事務所では来所いただく前に電話相談を無料で受け付けています。気になることがある方はお気軽にご相談ください。
なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。
サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
メール相談クリックバナー.PNG

メール相談への感謝の声をいただきました(こちらをクリックしてください


当事務所が解決した事件の一部を掲載しました。

解決事例

 

刑事事件は経験豊富な横浜パートナー法律事務所の弁護士に。

 

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科を付けたくない
  • 釈放・保釈して欲しい
  • 執行猶予をつけて欲しい
  • 無実を証明したい
  • 会社をクビにされたくない職場・学校に知られたくない
  • テレビや新聞などに報道されたくない
  • 医師など資格保有者の方、公務員の方へ
  • 依頼されたお客様の感謝の声
  • 当事務所の解決事例
  • 刑事事件の弁護士の選び方
  • 当事務所の弁護活動方針

刑事事件別一覧

弁護士法人 横浜パートナー法律事務所について

弁護士紹介

 

弁護士の役割

 

弁護士費用

解決事例

 

相談から解決までの流れ

 

事務所所在地

 

ImgTop11.jpg
当事務所では来所いただく前に電話相談を無料で受け付けています。気になることがある方はお気軽にご相談ください。
なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。