大麻事件に関する質問

質問

大麻事件で起訴された場合、執行猶予は付くのでしょうか。

回答

初犯であって、単純に大麻を使用しただけの場合は、 執行猶予が付く可能性が高いものと思われます。 ただ、初犯の場合でも、販売目的で大麻を栽培していたような場合には、 実刑判決が出る可能性も十分にあります。

 

質問

大麻の使用を禁止するのは憲法違反だといった活動があると聞きましたが、 裁判でそのような主張は出来ないのでしょうか。

回答

現状の裁判では、大麻の使用禁止が憲法違反だという主張が 認められる可能性は、ほとんどないものと思います。 そのような主張をすること自体、大麻の使用を反省していないし、 再び大麻に手を出す可能性ありと判断され、 不利な判決になるおそれが否定できません。

 

質問

大麻事件の場合、どの様な弁護活動がなされるのでしょうか。

回答

大麻などの薬物犯罪は、被害者がいないので、 示談などを行うことは出来ません。 被告人の反省や、2度と大麻に手を出さないための方法、 家族の支援などを、裁判官に分かってもらえるための活動が必要となります。

 

質問

大麻事件で、不起訴となることはあるのでしょうか。

回答

大麻の使用について十分に立証できないと検察官が判断した場合は、 不起訴となることもありえます。 大麻を譲り渡したという証人はいるけれど、現実に大麻は見つからないし、 大麻を使用したという明確な証拠も出てこないときなど、 起訴するのが難しい場合もあります。  

 

質問

以前大麻の事件で執行猶予付きの有罪判決を受けました。 その後また、大麻事件で起訴されたのですが、再び執行猶予が付くでしょうか。

回答

一般的には、再度の執行猶予が付く可能性は低いと思います。 ただ、前の裁判から10年以上もたっているような場合には、 その他の情状によっては、再度執行猶予が付くこともありえます。  

 

質問

息子(18)が 「麻薬及び向精神薬取締法違反」で 逮捕されました。 息子は今まで3かい 逮捕されており 去年10月に 仮退院しました。 今回の逮捕で 本人は 認めておらず 20日拘留の 途中です。 本人曰く 「俺が 何言うても 前歴があるから 全く信じてもらえない」 「相手は 中学生の友達三人で 俺は ハメられてる」と 言ってます。 息子が 逮捕された翌々日「当番弁護士」に依頼したらしく 家の方にも 電話が かかってきました。 でも 「鑑別所に入らないと どんな証拠がでてるのか分からない。 相手が どんな証言をしてるか分からない」という理由で まだちゃんと依頼せずに電話番号だけ聞いている状態です 私は どう動いたらいいかも分からず仕事が遅くまである為 当番弁護士に連絡をとる事もできずここに メールで 相談させてもらいました。

回答

本当にやっていないというのならば、早急に対応をとることが必要です。 何度も息子さんと話して、いったい友達にはめられるような理由があるのか、 取調べの状況はどうなっているのかなど、良く聞いてみる必要があります。 また、担当の検察官などにもコンタクトして、 事件についてある程度教えてもらうようにしなくてもいけません。 それらによって、本当にやっていないというのならば、 警察などに間違った自白などしないように、本人を励ます必要があります。 一方常識的に考えればやっているとしか思えない場合には、 素直に認めないと、なお処分が重くなる旨よく説得する必要も出てきます。 鑑別所に行けば書類が閲覧できるのはその通りですが、 それよりも早く対応する必要があると思われます。

 

質問

もう ひとつ聞きたいのですが 弁護士に依頼するにあたって 「当番弁護士」以外の人に頼んでも 良いのでしょうか? やはり「少年事件」に強い 弁護士のほうを 選ぶべきでしょうか?

回答

当番弁護士以外の弁護士に頼んでも、全く問題ありません。 少年事件に強いというよりも、どれだけ熱心に活動してくれるか、 信頼して相談できるかといった観点で、決めた方が良いと思います。 

 

質問

彼氏が大麻所持して自首をして、尿検査から覚醒剤使用もついて、現在拘置所で裁判待ちです。 保釈申請出してもらいましたが、却下されました。 以前、常習賭博で逮捕され、執行猶予中でした。 確実懲役ですか? だいたいどれくらいでしょうか?

回答

詳細が分からないのではっきりしたことは言えません。 しかし、概略をお聞きした限り、残念ながら、まず間違いなく懲役になると思います。 懲役2年くらいが一つの目安になるのではないでしょうか。 ご参考まで。  

 

質問

ありがとうございます。後、執行猶予が残り2年残ってるんです。 今回、大麻所持と覚醒剤使用です。残りの執行猶予はどうなるんでしょうか? あと、麻持って自首した行為は裁判にどう響くんでしょうか?

回答

執行猶予は取り消され、前の判決についても服役することになります。 自首が認められれば、減軽される可能性があります。 この辺のところは、事件を依頼している弁護人に聞くべきことだと思いますよ。 その弁護人に、こういう質問をできないのだとしたら、それが一番の問題だと感じます。  

 

質問

栽培22本と乾燥大麻3キロと所持量が多く営利疑いがかかっていますが、本人は否認している状態です。私は彼の主張を信じて営利目的ではないと思っているのです が、量が多いだけに執行猶予は難しいでしょうか?

回答

かつて似たような事件を担当したことがあります。 そのときにも、大量の大麻を栽培し、販売していました。 営利目的ではなく、単純に栽培し、販売したことで起訴されましたが、結果は実刑と なっています。 量がかなりあるようですから、執行猶予をとるのは簡単ではないと思います。 担当の弁護士とよく相談して、一番良い結果が出るよう祈っております。

 

質問

主人が先日、大麻所持、栽培の現行犯で逮捕されました。 家宅捜索で、パイプ、大麻の種、乾燥大麻3袋(人差し指サイズの袋)、量りが押収 されました。 私は逮捕されてから、主人の友達に詳しく教えてもらい、事情を知ったのですが、 栽培は初めてのようで全部自分で使用する目的だったようです。 量りは主人の先輩に頼まれて仲介役をして受け渡しをしていたようですが、 それで主人が先輩から金銭を受け取ったりはしてなかったようです。 この場合は執行猶予が付くのでしょうか? 初犯です。 仲介に関しては証拠は何もいまのとこは出ていないようで、私も本当の所は わかりません。 うちには小さい子供がいて主人もとても可愛がってくれていました。 根は悪い人ではないので、私が今後更正させたいと思っているのですが…

回答

栽培罪は相当重いですが、量が大したことが無く、自己使用のみということでした ら、執行猶予の可能性はあると思います。 どちらにしても、弁護士と相談して、しっかりと弁護活動することをお勧めします。

 

質問

知り合いが1ヶ月ほど前、夜中に大麻所持、使用で捕まった?のですが、翌日朝帰っ て来ました。 大丈夫だったのかなと思っていたら、数週間後に警察に取り調べに呼ばれ、また数週間後、次は裁判所に呼ばれました。まぁ、でもたぶん不起訴になると普通に生活していたところ、今日、起訴しますと書類が来ました。 何より仕事が心配です。1、2日なら休めますが、裁判まで拘置所に入らなければいけ ないのでしょうか? 今さら入る意味があるのでしょうか?入らないで済む事はできないのでしょうか?

回答

現在逮捕・勾留されていないわけですよね。 それなら、起訴後に逮捕等されることはありません。 裁判を受けるだけですから、通常は会社を1、2日休めば済むはずです。 以上、ご参考まで。

 

質問

大麻使用、所持での主な逮捕条件を教えて下さい。(例えば、髪の毛、 尿から大麻の成分が出ないと、いくら密告があっても、有罪になる可能性が極めて低 い、など)

回答

大麻の場合は、自己使用ではなく、違法に所持していたことが犯罪ですね。 大麻自体はもちろん、器具等が見つかれば、逮捕される可能性は高いといえます。 それに、起訴できないような場合でも、取りあえず逮捕勾留される場合はかなりあり ます。 逮捕については、かなり信憑性のある密告程度でも、行われているように感じます。 以上、ご参考まで。

 

質問

娘が男友達と海外旅行に行った際、大麻4.3㎏を持ち帰ったとして逮捕 されました。現在、警察に勾留され接見禁止の状態です。 本人は大麻だと知らなかったと言っているし私どももそう思ってます。 国選弁護士さんが言うには20日間の勾留は免れないそうですが何とか ならないのでしょうか? せめて本人に会えるようにしてもらえないのでしょうか?

回答

それだけの量の大麻を輸入したとなりますと、下手をすると起訴されて、いきなり実 刑判決の出る可能性も十分にあります。 何にしましても、しっかりとした弁護活動が必要です。 共犯がいる事件では、どうしても接見禁止は付きます。ただ、母親に限ってというこ とで、時間を指定して合わせてもらえるよう裁判所に申請してみることは考えられま す。認められる可能性も十分にありそうです。 その弁護人の方と相談してみてはどうでしょうか。 以上、ご参考まで。

 

質問

大麻取締法の主な条文を教えてください。

回答

第3条 大麻取扱者でなければ大麻を所持し、栽培し、譲り受け、譲り渡し、又は研究のため使用してはならない。
2 この法律の規定により大麻を所持することができる者は、大麻をその所持する目的以外の目的に使用してはならない。 

第4条 何人も次に掲げる行為をしてはならない。 1.大麻を輸入し、又は輸出すること(大麻研究者が、厚生労働大臣の許可を受けて、大麻を輸入し、又は輸出する場合を除く。)。

 

質問

在日外国人の薬物犯罪について同棲していた外国人の彼が大麻を使用しています。私は嫌だなと思いつつ黙認してしまったのもいけないと思います。彼が自分の使用目的で、栽培まで始めてしまったのですから...色々な理由で同棲は解消しましたが、私は薬物の使用は一切していなくても、彼の薬物犯罪を密告したら、罪に問われるのでしょうか?(多分彼と別れることになると思うので...警察の事情聴取とかも受けたくないです)また、彼はちゃんと就労ビザがありますが、この事で強制退去、日本への再入国は今後絶望的になるでしょうか?

回答

単に黙認していただけでしたら、貴方が大麻に関する罪に問われることはありません。ただ、警察の事情聴取は受けざるを得ないでしょう。彼の方は、有罪判決が出て、恐らく日本にいることは難しいと思われます。

 

質問

先日、職務質問をうけ、大麻とタバコを混ぜた物を所持しており取り調べをうけました。0.1グラム以下ほとんど煙草の状態で吸引器なども押収されました。しかしそのまま家に帰れされ今月中に連絡すると言われました。起訴されるのでしょうか?男性、初犯、26歳会社経営です。お願いします。

回答

大麻の量が非常に少ない場合、不起訴となることはあり得ます。どちらにしても、また呼ばれるでしょうから、正直に話すとともに反省の気持ちをしっかり表すことが大切です。

 

質問

只今覚せい剤使用で執行猶予中です。先日合法ドラックを使用して病院に運ばれてそのさいに尿検査と家宅捜索を受けました。尿検査は陰性になるかと思いますが家宅捜索のさいに使用済み注射器やく20コから30コ押収されました。今後どうなるでしょうか?

回答

起訴されたら、まず実刑は間違いないでしょう。その注射が何に使われたのかがポイントになりそうです。違法な薬が注射器から検出されたならば、争うことは難しそうです。何にしても、近くの弁護士に具体的な事件として相談することをお勧めいたします。

 

質問

彼氏が逮捕されました。内容は営利目的での覚せい剤と大麻。家も調べられましたが、何も出て来ませんでした。オシッコの検査も大丈夫でした。彼は警察に渡したことはあるが営利目的ではないと言っています。警察側も彼は売買してる同士の真ん中に入っていて顔合わせないように彼を利用していたとみています。これは執行猶予はつくのでしょうか?

回答

営利目的の売買に係っていると、実刑判決の可能性が高いと思います。ただ、本件については、単に大麻売買グループに利用されただけで、果たした役割等も小さいのならば、執行猶予が付く可能性もありそうです。いずれにしても、具体的な細かい事情が分からないので、何とも言えません。担当の弁護士と、しっかりと相談すべきだと思います。

 

質問

23歳男性、会社員です。10月30日早朝、渋谷の路上で職質を受けた際、少量のマリファナ所持で連行されました。尿、葉の簡易検査は陰性で、3時間程で解放されましたが、成分鑑定によっては逮捕-家宅捜査があると言われました。(前日に連絡がくる) 確実に逮捕されるでしょうか。逮捕されても、不起訴や起訴猶予の可能性はありますか。弁護を依頼するタイミングはいつが良いですか。 宜しくお願い致します。

回答

大麻事件の場合、少量の場合には、起訴されずに終わったケースもあります。今後、逮捕の前に、家宅捜索の可能性は残っているはずです。少なくとも、家宅捜索を受けた場合は、具体的に件として弁護士に相談した方が良いと思います。

 

大麻事件に関する質問

1 2                                    

 

大麻の解決事例

①国選弁護人から切り替えて執行猶予を獲得した事件

telfree.png当事務所では来所いただく前に電話相談を無料で受け付けています。気になることがある方はお気軽にご相談ください。
なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。

弁護士にメールで相談

ご質問がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。
サイトに掲載するという条件の下、メール相談(無料)を受付けます。
こちらからメールしてください。

メール相談への感謝の声をいただきました(こちらをクリックしてください


当事務所が解決した事件の一部を掲載しました。

解決事例

 

刑事事件は経験豊富な横浜パートナー法律事務所の弁護士に。

 

  • 自首を考えている
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 前科を付けたくない
  • 釈放・保釈して欲しい
  • 執行猶予をつけて欲しい
  • 無実を証明したい
  • 会社をクビにされたくない職場・学校に知られたくない
  • テレビや新聞などに報道されたくない
  • 医師など資格保有者の方、公務員の方へ
  • 依頼されたお客様の感謝の声
  • 当事務所の解決事例
  • 刑事事件の弁護士の選び方
  • 当事務所の弁護活動方針

刑事事件別一覧

弁護士法人 横浜パートナー法律事務所について

弁護士紹介

 

弁護士の役割

 

弁護士費用

解決事例

 

相談から解決までの流れ

 

事務所所在地

 

ImgTop11.jpg
当事務所では来所いただく前に電話相談を無料で受け付けています。気になることがある方はお気軽にご相談ください。
なお、上記フリーダイヤルは受付専用となっております。お名前とお電話番号をお伺いして、後ほど弁護士から折り返させていただきます。そのため、折り返しのための情報を頂けない場合には対応できませんので、ご了承ください。